今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ザ・ファブル」

投稿日:

 小さい頃から殺人マシーンとして育てられた主人公は、やや殺しすぎて育てた方が心配になってきた。そこで1年間殺人は禁止で普通に過ごすと言うことで大阪のヤクザに預けられた。

 しかし、ややこしいことに巻き込まれることになってしまう。殺すことはできないためにどうするかと試行錯誤するが、元々の半端ない身体能力を活かして切り抜けていく。

 コミックが原作らしいがそちらは読んでいない。原作にかなり忠実らしいとの評判。

 主演の岡田准一は、大河ドラマの黒田官兵衛やら、映画「関ヶ原」の石田三成や、海賊と呼ばれた男、図書館戦争、蜩の記、永遠の0などで、真面目で実直な役柄が多かったのでそのイメージが強い。

 関西では「ひらパー兄さん」でややくだけた面も見せてはいるが、それも特別だ。

 今回のこの映画では、かなりぶっ飛んでいる。予告編でもみられるように変顔がひどい。いい意味で。ここまでやるかってくらい頑張っている。

 そして、身体能力をいかしたスタントがすごい。どこまでが特殊撮影なのか、それとも全部実際にやっているのか?そこが1番の見どころなのだと思う。

 そして、その期待は裏切らない。

 最初は映画館で観て、今回Amazonプライムで観たが、2回目も充分楽しめた。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

ドラマ「あなたのことはそれほど」

 上段の二人、下段の二人がそれぞれ夫婦で  左側二人が不倫しているという設定。  料理も作ってくれるし、いつもやさしい夫(東出くん)と結婚した美都(波瑠さん)。  美都は、中学時代から好きで好きで仕方 …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …