今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「シャッターアイランド」

投稿日:

「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精神病院を訪れた米連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)に次々と不可解な出来事が起こる。脚色は「アレキサンダー」「ナイト・ウォッチ/NOCHINOI DOZOR」のレータ・カログリディス。

映画.com

よくできた重厚なストーリーに圧倒された。レオナルド・ディカプリオの演技にも目が離せなかった。

 どうなっているんだこの話は?「え?」「なに?」「どういうこと?」の連続。たくさんの伏線が張られているが、それがなかなか繋がっていかない。頭が混乱してくる。

 重苦しい映像、ゾワゾワするBGM、幻覚だか妄想なのか現実なのかわからない映像。ずっと不安な気持ちになるのだが、画面に集中してしまう。

 「やっぱりそうだったのか!」と思ったら再び「え?!」と落とされる。「ちょっと待って!」と、読書だったら少し前のところに戻って読み返したい気持ちにもなる。

 ネタバレ厳禁の映画なので詳しくは書けないが、2度目、3度目の方が楽しめる。何度でも楽しめる映画かと思う。

 とにかくこれは元気がある時に、2回続けてみるのが楽しめると思うが、あまり元気がない時に見ると、頭が混乱して自分も狂っているように思えてくるから危険かも。笑

 そんな傑作映画。



-映画
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    オチが『シックスセンス』と似てるかな、あれもなかなかよくできてました。

    • KURI より:

      「シックスセンス」観ていないかも。観なくちゃ!

      • Aki より:

        同じ雰囲気ではニコール・キッドマン主演の『アザーズ』、
        見ていなかったらこれもいい雰囲気です。
        ちなみに邦画の『リング』のシリーズは怖すぎて観れません…

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「エントラップメント」

老練な美術泥棒と美貌の保険会社調査員の駆け引きを描くサスペンス・ロマン。監督は「コピーキャット」のジョン・アミエル。脚本は「グッドナイト・ムーン」のロン・バスと「アポロ13」のウィリアム・ブロイルズ・ …

映画「容疑者Xの献身」

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。 …

映画「おいしい給食 Final Battle」

市原隼人演じる給食マニアの中学教師が主人公のコメディドラマ「おいしい給食」の劇場版。1984年のとある中学校。給食を愛しすぎるゆえに、給食を愛せないヤツを許せない「給食絶対主義者」である給食マニアの教 …

映画「ボクの妻と結婚してください。」

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治 …

映画「ロッキー・ザ・ファイナル」

シルベスター・スタローンの出世作でもある「ロッキー」のシリーズ完結編となる第6作。アカデミー作品賞に輝いた第1作から30年を経て製作された本作では、スタローン自らが監督・脚本・主演の3役を務め、ロッキ …