今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「シャーロットのおくりもの (吹替版)」

投稿日:

「スチュアート・リトル」の原作者E・B・ホワイトによるベストセラー小説を映画化したハートウォーミングなファンタジー。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとして食卓に乗る運命にあることを知る。脅えるウィルバーを、納屋に住むクモのシャーロットが励ますが……。主人公ファーンを演じるのは天才子役ダコタ・ファニング。ジュリア・ロバーツ、ロバート・レッドフォードら豪華声優陣も魅力。

映画.com

 ディズニー映画のように実写っぽいCG?の動物たちが喋る。日本語字幕版はジュリア・ロバーツやロバート・レッドフォードらが声をあてているらしいが、今回は吹き替え版で鑑賞。鶴田真由、福田麻由子、山寺宏一、青野武、高橋英樹などの声優陣。その声を聞いているだけで楽しかった。

 なんだか頭が疲れてしまっている時だったので、短くて気軽に観られて、ほんわかするような映画と思って見始めた。

 動物が喋るということも知らずに観たが、そこは特に違和感を感じなかったが、リアルな動物たちの動きがなかなかすごい。特にクモが蜘蛛の巣を作るシーンはなかなか美しかった。1番の見どころではないだろうか?クモの動きの美しさに惚れ惚れした。

 鶴田真由の声がまたシビれる。豚の声もよかったなぁ。誰だろう?と思って調べると、小清水一揮くんという元子役さん。何に出演していたのだろうと調べると、「3丁目の夕日」で堤真一と薬師丸ひろ子夫婦の息子役の子だった。この子の声がまたいい味を出していた。

 生まれてすぐに間引きされそうになった豚を、農場主の娘が「自分が育てる!」と言って飼い始めるが、やはり子供では育てられない。近所のおじさんの納屋に置かせてもらうことになるが、そこには馬、牛、アヒル、羊、ネズミそしてクモの仲間たちがいた。

 「春生まれの豚は雪を見ることなく食われる」と知った豚は、どうにか助かりたいとクモに相談すると、奇策を用いて豚を救うことになる。

 元々は小説なのか絵本なのか?オープニングとエンディングは絵本のような感じで始まり、そして終わる。

 なかなかほんわかとした気持ちになるいい映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アニメ映画「時をかける少女」

過去にもテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説を、初めてアニメ化。ひょんなことから過去へ飛べる「タイムリープ」の力を手にした女子高生の真琴が、過去を何度もやり直していくうちに、人生のか …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …

ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」

三浦貴大と夏帆が、それぞれ隔週交代で単独キャンプをする。  三浦貴大は、主に缶詰料理で孤独を味わう系。  夏帆は貪欲に食材を現地調達して、その場で調理して食べる。  二人の演技はなかなか良くて観ていて …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …