今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「シャーロットのおくりもの (吹替版)」

投稿日:

「スチュアート・リトル」の原作者E・B・ホワイトによるベストセラー小説を映画化したハートウォーミングなファンタジー。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとして食卓に乗る運命にあることを知る。脅えるウィルバーを、納屋に住むクモのシャーロットが励ますが……。主人公ファーンを演じるのは天才子役ダコタ・ファニング。ジュリア・ロバーツ、ロバート・レッドフォードら豪華声優陣も魅力。

映画.com

 ディズニー映画のように実写っぽいCG?の動物たちが喋る。日本語字幕版はジュリア・ロバーツやロバート・レッドフォードらが声をあてているらしいが、今回は吹き替え版で鑑賞。鶴田真由、福田麻由子、山寺宏一、青野武、高橋英樹などの声優陣。その声を聞いているだけで楽しかった。

 なんだか頭が疲れてしまっている時だったので、短くて気軽に観られて、ほんわかするような映画と思って見始めた。

 動物が喋るということも知らずに観たが、そこは特に違和感を感じなかったが、リアルな動物たちの動きがなかなかすごい。特にクモが蜘蛛の巣を作るシーンはなかなか美しかった。1番の見どころではないだろうか?クモの動きの美しさに惚れ惚れした。

 鶴田真由の声がまたシビれる。豚の声もよかったなぁ。誰だろう?と思って調べると、小清水一揮くんという元子役さん。何に出演していたのだろうと調べると、「3丁目の夕日」で堤真一と薬師丸ひろ子夫婦の息子役の子だった。この子の声がまたいい味を出していた。

 生まれてすぐに間引きされそうになった豚を、農場主の娘が「自分が育てる!」と言って飼い始めるが、やはり子供では育てられない。近所のおじさんの納屋に置かせてもらうことになるが、そこには馬、牛、アヒル、羊、ネズミそしてクモの仲間たちがいた。

 「春生まれの豚は雪を見ることなく食われる」と知った豚は、どうにか助かりたいとクモに相談すると、奇策を用いて豚を救うことになる。

 元々は小説なのか絵本なのか?オープニングとエンディングは絵本のような感じで始まり、そして終わる。

 なかなかほんわかとした気持ちになるいい映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「グッモーエビアン!」

吉川トリコの人気小説を大泉洋&麻生久美子の主演で映画化。未婚の母アキと中学生の娘ハツキ、アキが所属していたパンクバンドのメンバーだったヤグが織り成す、一風変わった家族の姿を描く。若い頃はパンクバンドの …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「永い言い訳」

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の …

映画「アデライン、100年目の恋」

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、 …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …