今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ジェネラルルージュの凱旋」

投稿日:

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの匿名の告発文書を受け取る。院長の依頼を受け、疑惑の真相を巡る調査に乗り出す田口だったが……。前作に続き、主演は竹内結子と阿部寛、監督は中村義洋。物語のキーとなる速水医師に「クライマーズ・ハイ」の堺雅人。

映画.com

 前作の「チーム・バチスタの栄光」はまだ観ていないが、こちらを先に観てもさほど問題はなかった。

 患者第一に考えるか、病院の経営をとるか。経営が成り立たなければ病院自体の存続にも関わるし、患者が取り残されては病院の存在意義に疑問が生ずる。

 正義があれば収賄もOKなのか、何がなんでも収賄はダメなのか?それを両立させることはなかなか難しい。社会に貢献して、経営も順調で、公害も出さず、右肩上がりに成長できる企業が理想であるが、みんなそれをどうしていくか模索するがどこかで破綻していく。その挑戦の連続が今の世の中かもしれないと思った。

 やっぱり竹内結子から目が離せない。いい女優さんだなぁ。しみじみ想う。

 阿部寛の役柄の存在が微妙なところで、そこがこの映画の肝。

 しかし、堺雅人と竹内結子の演技だけでこの映画は及第点をとっているので、最後まで飽きずに見ることができる。「チーム・バチスタの栄光」も観たくなったが、Amazonプライムでは無料ではないのでまたタイミングを見て鑑賞したい。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「チア男子!!」

「桐島、部活やめるってよ」「何者」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。柔道一家に生まれながら、や …

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …

映画「糸」2回目

 昨年の8月の観たばかりだが、もうAmazonプライムビデオに登場。  このお二人のご結婚ということもあり、もう一度鑑賞。  「溺れるナイフ」も良かったけど、これもやっぱりラブコメの王道だ。 人と人は …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …