今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ジュラシックワールド」

投稿日:

スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。前作「ジュラシック・パークIII」以来14年ぶりの新作で、スピルバーグは製作総指揮を担当。新鋭コリン・トレボロウ監督がメガホンをとった。事故の起こった「ジュラシック・パーク」にかわり、新たにオープンした「ジュラシック・ワールド」では、ジャイロスフィアという球体の乗り物でめぐる恐竜見学や、モササウルスの水中ショーなどで人気を博していた。さらなる人気を獲得したい責任者のクレアは、飼育係オーウェンの警告も聞かず、遺伝子操作により、凶暴で高い知性をもった新種の恐竜インドミナス・レックスを作り出すが……。オーウェン役に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、クレア役に「ターミネーター4」「スパイダーマン3」のブライス・ダラス・ハワード。

映画.com

 「ジュラシック・パーク」は、かなり以前に観たことがあって、このジュラシック・ワールドもテレビで観たことがあった。ジュラシックパークシリーズは、色々あってどれがどれだかよくわからないが、このジュラシックワールドは、ジュラシックパークシリーズの4作目で、ジュラシックワールド三部作の1作目なのだと後から知った。

 映像は驚くほどよく出来ていて、どれが実像でどれが作り物なのかまったくわからない。恐竜というのは、爬虫類なんだか鳥類なんだかよくわからないが、どちらにしても目が怖い。鳥が怖いという人も多いが、この映画をみるとさぞかし怖いだろうと思う。

 遺伝子操作で凶暴な恐竜を作り出し、それを見せ物として金儲けを考えたり、その恐竜を兵器として使おうとしたり。これはAIを作ったり、高度なロボットを作ったりするのと同じことなのだろう。AIを進化させることのリスクは、ターミネーターをはじめ、たくさんの映画やSF小説、科学者も訴えている。

 その警鐘としての映画なのかもしれない。2回とも自宅のテレビで鑑賞したが、映画館で観ると大迫力だろうなと想像し、もし劇場で観る機会があったとしてもやめておこうと思う。おそらくちょい漏れしそう。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    出てくるバイクがタイのGPX社製レジェンド250、見るからにオンロードなので、ジャングルなんて走れっこありません、値段はタイ製なので安価、なので猶更違和感感じます、せめてオフロード車にしてもらいたかった…映画はよくできてますね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …

映画「すずめの戸締り」

「君の名は。」「天気の子」の新海誠監督が、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる「扉」を閉める旅に出た少女の冒険と成長を描いた長編アニメーション。 九州で暮らす17歳の岩戸鈴芽(すずめ)は、扉を探して …

映画「恋妻家宮本」

「家政婦のミタ」「女王の教室」といった人気ドラマを多数手がけてきた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を遊川自ら大胆に脚色し、熟年離婚が当たり前になった現代で、子どもが独り …

映画「パーマネントのばら」

 2時間弱でサラッと観られる日本映画はないかなって、Amazonプライムで探していたら目に入った作品。  あらすじも原作もキャスティングもよくわからず鑑賞開始。  正直なところ、あまり期待していなかっ …