今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「スタートアップ・ガールズ」

投稿日:

「ちはやふる」「君の名は。」の上白石萌音と「神さまの言うとおり」の山崎紘菜という東宝シンデレラオーディション出身の2人がダブル主演を務め、新規事業の立ち上げや企業を意味する「スタートアップ」をテーマに描いたドラマ。大学生にしてITと医療で起業を目指す天才肌の自由人・小松光と、大企業に勤め起業家への投資を行う安定志向のOL・南堀希。性格も服装も仕事に対する考え方も正反対の2人だったが、光の事業をサポートするミズキの計らいにより、新プロジェクトのビジネスパートナーになることに。光の身勝手な言動に振り回されてばかりの希は光を信じることができず、仕事にも行き詰まってしまう。ぶつかり合いながらも、ビジネスパートナーとして成長していく2人だったが……。山本耕史、渡辺真起子、宮川一朗太、神保悟志らベテラン俳優陣が脇を固める。「先輩と彼女」「東南角部屋二階の女」の池田千尋がメガホンをとり、「坂道のアポロン」「凶悪」の高橋泉が脚本を手がけた。

映画.com

  個人的には、こういうキャラクターの上白石萌音ちゃんじゃなくて生真面目で振り回されるキャラの方が見たいのだが、いざこういうキャラを見てみてしばらくすると、不思議とそのキャラにも馴染んでくるのを感じる。これは相手役の山崎紘菜さんのキャラがしっかり立っているからなんだと感じた。この山崎紘菜さんは初めてみる女優さんだったが上手に演じていたと思う。

 全体的には何が悪いかよくわからないが、星三つちょいの域をどうしても出られない感があるのだが、それでも最後まで十分楽しめた。

 上白石萌音ちゃんのかわいらしさがもっと出ていれば良かったが、天才的な発想をもつ自由な人というのが、真面目な家庭で育った長女の彼女が一生懸命に違うキャラを演じているというのがわかってしまうのがやや辛い面もあった。と言っても、実際の上白石萌音ちゃんを知っているわけでもないので、あくまでも自分の中の思い込みなのだが。

 山本耕史や渡辺眞紀子もいい味を出していて、そのシーンは落ち着いてみられる。おしゃれな居酒屋でのシーンもお気に入りだった。

 若い女性起業家が増えている昨今、こう言った映画でそれがもっと加速すると楽しそうだ。男性もぜひ頑張って欲しいと願うばかり。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ブレイブ群青戦記」

 集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹原作の人気コミック「群青戦記」を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が実写映画化。新田真剣佑が単独初主演を飾るほか、三浦春馬、松山ケンイチら実力派 …

映画「一度死んでみた」

大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を、広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で描くドタバタコメディ。「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉 …

映画「永い言い訳」

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の …

映画「Closed Note クローズド ノート」

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹 …

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …