今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ゼロ・グラビティ」

投稿日:

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。ストーン博士役にサンドラ・ブロック、マット役にジョージ・クルーニー。撮影は「トゥモロー・ワールド」ほかキュアロン作品を多数担当する名匠エマニュエル・ルベツキ。脚本はキュアロン監督と、監督の息子ホナス・キュアロンによる。第86回アカデミー賞では、作品賞ほか同年度最多となる10部門にノミネート。監督、撮影、視覚効果、作曲など計7部門で受賞を果たした。

映画.com

 2回目の鑑賞。1回目は末娘と一緒に観たのを覚えている。

 その時の二人の感想は、「絶対に宇宙なんて行きたくない!」ってこと。

 宇宙服がなければ生きられない場所になんて行きたくない。空気もなく、すごく熱いかすごく寒いか。完全なる「虚無」。宇宙とはこういう怖いところなんだよと教えてくれる映画だった気がする。

 そんな大変な場所に一人放り出されて、そこから奇跡的な生還を果たしたということを描いているのだと思うが、宇宙の現実はこう言うことだよと言うのを教えてくれた映画のような気がする。

 中世のヨーロッパ人が危険を顧みず大航海をしたように、命懸けで未知の宇宙に旅するのかもしれない。その宇宙船から見える地球は限りなく美しく、虚無の宇宙空間と、生命が満ちる地球との対比が素晴らしかった。水があること、空気があること、植物があること、暖かい日差しがあること、風があること、土があること。それを感じさせてくれる映画でもあった。

 全体的に次から次へとトラブルが起きるハラハラドキドキの映画なのだが、宇宙は恐ろしいが地球は果てしなく美しく奇跡の塊のような生き物であると言うのを実感する映画。また観てみたい。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    きっと10回くらい見返してるなー、よくできてる映画だよねー、中国が台頭してきているこの頃、なんかありそうなのが怖いけどね・・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さ …

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」

 山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で …

映画「バンデラス ウクライナの英雄」

 極秘任務を遂行し、潜入者をあぶり出せ!ウクライナ政府軍と、独立を目指す親ロシア分離派の対立が激化!政府軍に潜入する裏切り者の正体をあぶり出す極秘ミッションを託された男が、危険地域の住民を守りながら孤 …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」

東野圭吾の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第9作の映画化。同シリーズが原作で2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、11年の単発ドラマ「赤い指」に続き、阿部寛が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる …