今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ソラニン」

投稿日:

 宮崎あおいが好きで、次々と検索して観ている。

 監督は三木孝浩氏で、私の過去に観た好きな作品ばかり。

 本田翼の「アオハライド」、

 上野樹里の「陽だまり彼女」、

 新垣結衣の「唇に歌を」、

 土屋太鳳の「青空エール」、

 小松菜奈の「坂道のアポロン」

 そして、一番好きな小松菜奈の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 を監督している。

 ここまでくると、三木孝浩監督が好きというより、若くて可愛い女優さんが好きってことだけど。

 この映画は、なんと言っても宮崎あおいと付き合ったらこんな感じになるのかなっていうのがリアルに感じられてイメージが湧き過ぎてキュンキュンする。

 途中で突然にまさかの展開になってびっくりして、そこから宮崎あおいが立ち直っていく感じがとっても勇気がもらえていい。

 ソラニンという曲もなかなかのもので、それをラストに歌い上げるところは涙なしには見ることができない。

 きっとまた観てしまうだろう映画が1本増えた。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」

立て続けに青春ラブコメ。コメディーじゃなくて病気系。 恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「グラウンドブレイク 都市壊滅」

 Amazonプライムで星が5つ付いていたので観てみた。  アルメニアという黒海とカスピ海の間にある国で、1988年に実際に起こった大地震のことを描いた作品。  石造りの家が多く、タイトルの通り都市壊 …