今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ソロモンの偽証」前編・後編

投稿日:

 直木賞ほか多数の文学賞を受賞するベストセラー作家の宮部みゆきが、「小説新潮」で9年間にわたり連載したミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の前編。バブル経済が終焉を迎えつつあった1990年12月25日のクリスマスの朝、城東第三中学校の校庭で2年A組の男子生徒・柏木卓也が屋上から転落死した遺体となって発見される。警察は自殺と断定するが、さまざまな疑惑や推測が飛び交い、やがて札付きの不良生徒として知られる大出俊次を名指しした殺人の告発状が届き、事態は混沌としていく。遺体の第一発見者で2年A組のクラス委員を務めていた藤野涼子は、柏木の小学校時代の友人という他校生・神原和彦らの協力を得て、自分たちの手で真実をつかもうと学校内裁判の開廷を決意する。物語の中心となる12人をはじめとした中学生キャストは、1万人の応募があったオーディションで選出。藤野涼子役の新人女優・藤野涼子は、本作での役名をそのまま芸名に女優デビューを飾った。

映画.com

 純粋であるがゆえに苦しみもエスカレートする青春時代。悪く言えば堕落すれば楽に生きられる。だが真面目な人ほど、真面目にこだわる人ほど生きづらい組織が出来上がってしまっている。

 大人のダブルスタンダードの狭間で、真実とは何かということを生徒だけで議論していくその姿は、見ていてとても勇気づけられると同時に怖さを感じる。理想と現実を知ってしまった大人たちにとって、理想だけで裁かれることへの恐怖。しかし、この裁判では罰することはしない。

 世の中では、力による一方的な現状変更が当たり前のように行われている。結局なんだかんだで金と権力だということも知っている。その世界で生きることに疲れても、それなりにうまく生きていけることもわかってきた。でも子供には理想を説くし、教育現場でもそう教える。

 しかし、社会に出た途端にそのルールとは違うことに愕然とする。いやすでに薄々気付いていた。「やっぱりそうだったのね」という感じだっただろうか。

 この映画で裁かれるべきものはなんだろうか?裁くことができるものはなんだろうか?

 ここにいる人たちみんな悪くて、吊し上げられたその人だけ悪いんじゃない。裁判を傍聴している人もみんな同罪。

 踏切でちゃんと停止する車なんて100台のうち数台しかない。それで警察にキップ切られたら「みんな止まっていないだろう! ホラ、今あの車だって止まってない!あの車も捕まえろ!」。

 それでも、罪がなくなることはない。

 「あいつが割り込んできたから悪いんだ!」とあおり運転の言い訳をするのもそう。

 人を裁くのは難しい。つくづくそう感じるような映画だった。

 かなりいい映画だったと思う。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南 …

映画「硫黄島からの手紙」

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦 …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

映画「隠し剣 鬼の爪」

 2回目の鑑賞だが、前回は13年前の2009年。  人気時代小説作家、藤沢周平の剣豪小説「隠し剣」シリーズの「隠し剣鬼の爪」と、人情時代小説「雪明かり」を原作に、「たそがれ清兵衛」の山田洋次監督が映画 …