今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「チア男子!!」

投稿日:

「桐島、部活やめるってよ」「何者」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。柔道一家に生まれながら、やさしすぎる性格から強くなれずにいた晴希は、試合で肩を負傷してしまう。晴希が柔道を続けるべきか迷っていると、柔道仲間で無二の親友である一馬が「やりたいことがある」と、突然柔道をやめると宣言する。一馬が晴希と一緒にやりたいこと、それは男子チアリーディング部の創設だった。些細なことから大ケガにつながってしまうため「仲間を信頼すること」というチアの基本を守りながら、男子チア部「BREAKERS」は練習に打ち込んでいた。しかし、メンバー間の歯車が徐々におかしくなり、やがて決定的ともいえる亀裂を生んでしまう。晴希役を横浜、一馬役を中尾が、「BREAKERS」のメンバーを浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智が演じる。

映画.com

先日観て面白かった映画「何者」と同じ朝井リョウ原作という理由で鑑賞。

 大学のサークルでチアガールの男性版の「チア男子」、男子のチアリーディング部を創設した男子とその仲間たちの話。7人のメンバーがそれぞれ訳ありであり、コンプレックスを抱えて一歩踏み出せなかったりしているが、チアを通して成長していく。

 よくある部活サークル系の映画と言って仕舞えばそれまでだが、想像以上に面白くて、想像以上に感動してしまった。ラストのチア演技のシーンはなかなかのものだった。

 主役は横浜流星。動きが美しくてかっこいい。表情も多彩で観ていて飽きない。さすが売れっ子の俳優さんだと感心する。

 両親を亡くして祖母に育てられている子は、その祖母が認知症になってきたことで悩む。流星くんは、柔道一家で育ち、なかなか強くなれずに限界を感じていた。

 ある男子は、太っていることでスポーツはあきらめていた。またある男子はいつも孤独だった。

 唯一、チア経験者の男子は、以前自分のミスで仲間に大怪我をさせてしまった。

 そんなメンバーみんなが、それぞれの問題を克服して目標を目指していく姿がなんとも「青春!」という感じで、初老のおじさんが観ても感動をもらえる。

 なかなか良く出来た映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「株価暴落」「7つの会議」「ノーサイド・ゲーム」

どれも池井戸潤氏の原作。 ドラマ「株価暴落」  久しぶりの織田裕二さん。そして、石黒賢さんとのコンビ。織田さんのへの字の口と強い目力はなかなか他にはない。そして、近頃悪役が板についてきた高嶋政伸さんの …

映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発」

 第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』主演中井貴一、第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』主演三浦友和に続く「RAILWAYS」シリーズ第3弾。  第3弾の …

アニメ「イヴの時間」

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」  冒頭に上記の文章が出る。  人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭に …

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …