今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「チア男子!!」

投稿日:

「桐島、部活やめるってよ」「何者」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。柔道一家に生まれながら、やさしすぎる性格から強くなれずにいた晴希は、試合で肩を負傷してしまう。晴希が柔道を続けるべきか迷っていると、柔道仲間で無二の親友である一馬が「やりたいことがある」と、突然柔道をやめると宣言する。一馬が晴希と一緒にやりたいこと、それは男子チアリーディング部の創設だった。些細なことから大ケガにつながってしまうため「仲間を信頼すること」というチアの基本を守りながら、男子チア部「BREAKERS」は練習に打ち込んでいた。しかし、メンバー間の歯車が徐々におかしくなり、やがて決定的ともいえる亀裂を生んでしまう。晴希役を横浜、一馬役を中尾が、「BREAKERS」のメンバーを浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智が演じる。

映画.com

先日観て面白かった映画「何者」と同じ朝井リョウ原作という理由で鑑賞。

 大学のサークルでチアガールの男性版の「チア男子」、男子のチアリーディング部を創設した男子とその仲間たちの話。7人のメンバーがそれぞれ訳ありであり、コンプレックスを抱えて一歩踏み出せなかったりしているが、チアを通して成長していく。

 よくある部活サークル系の映画と言って仕舞えばそれまでだが、想像以上に面白くて、想像以上に感動してしまった。ラストのチア演技のシーンはなかなかのものだった。

 主役は横浜流星。動きが美しくてかっこいい。表情も多彩で観ていて飽きない。さすが売れっ子の俳優さんだと感心する。

 両親を亡くして祖母に育てられている子は、その祖母が認知症になってきたことで悩む。流星くんは、柔道一家で育ち、なかなか強くなれずに限界を感じていた。

 ある男子は、太っていることでスポーツはあきらめていた。またある男子はいつも孤独だった。

 唯一、チア経験者の男子は、以前自分のミスで仲間に大怪我をさせてしまった。

 そんなメンバーみんなが、それぞれの問題を克服して目標を目指していく姿がなんとも「青春!」という感じで、初老のおじさんが観ても感動をもらえる。

 なかなか良く出来た映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「あなたのことはそれほど」

 上段の二人、下段の二人がそれぞれ夫婦で  左側二人が不倫しているという設定。  料理も作ってくれるし、いつもやさしい夫(東出くん)と結婚した美都(波瑠さん)。  美都は、中学時代から好きで好きで仕方 …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「初恋」

  三億円事件の時、私はまだ小学校にあがっていない。   「モンタージュ写真」「白バイ」「アタッシュケース」くらいしか思い浮かばない。  再現ドラマとか、迷宮入り事件簿みたいなものは何度か見たことある …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「モリのいる場所」

山崎努と樹木希林という、ともに日本映画界を代表するベテランが初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマ。30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷 …