今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「チア男子!!」

投稿日:

「桐島、部活やめるってよ」「何者」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。柔道一家に生まれながら、やさしすぎる性格から強くなれずにいた晴希は、試合で肩を負傷してしまう。晴希が柔道を続けるべきか迷っていると、柔道仲間で無二の親友である一馬が「やりたいことがある」と、突然柔道をやめると宣言する。一馬が晴希と一緒にやりたいこと、それは男子チアリーディング部の創設だった。些細なことから大ケガにつながってしまうため「仲間を信頼すること」というチアの基本を守りながら、男子チア部「BREAKERS」は練習に打ち込んでいた。しかし、メンバー間の歯車が徐々におかしくなり、やがて決定的ともいえる亀裂を生んでしまう。晴希役を横浜、一馬役を中尾が、「BREAKERS」のメンバーを浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智が演じる。

映画.com

先日観て面白かった映画「何者」と同じ朝井リョウ原作という理由で鑑賞。

 大学のサークルでチアガールの男性版の「チア男子」、男子のチアリーディング部を創設した男子とその仲間たちの話。7人のメンバーがそれぞれ訳ありであり、コンプレックスを抱えて一歩踏み出せなかったりしているが、チアを通して成長していく。

 よくある部活サークル系の映画と言って仕舞えばそれまでだが、想像以上に面白くて、想像以上に感動してしまった。ラストのチア演技のシーンはなかなかのものだった。

 主役は横浜流星。動きが美しくてかっこいい。表情も多彩で観ていて飽きない。さすが売れっ子の俳優さんだと感心する。

 両親を亡くして祖母に育てられている子は、その祖母が認知症になってきたことで悩む。流星くんは、柔道一家で育ち、なかなか強くなれずに限界を感じていた。

 ある男子は、太っていることでスポーツはあきらめていた。またある男子はいつも孤独だった。

 唯一、チア経験者の男子は、以前自分のミスで仲間に大怪我をさせてしまった。

 そんなメンバーみんなが、それぞれの問題を克服して目標を目指していく姿がなんとも「青春!」という感じで、初老のおじさんが観ても感動をもらえる。

 なかなか良く出来た映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「告白」

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松) …

映画「マトリックス リローデッド」

 「マトリックス」の続編であり、三部作の2作目。  1作目よりもさらに経費が掛かっていそうな映像。  まず違和感があったのが「タンク」役が違う。たくさんのモニターを前にして情報を送る役のアジア人で、い …

映画「ファーザー」@アレックスシネマ

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ、「羊たちの沈黙」以来、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した人間ドラマ。日本を含め世界30カ国以上で上演された舞台「Le Pere 父」を基に、老いに …

映画「かそけきサンカヨウ」

 人気作家・窪美澄の同名短編小説を「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉監督のメガホンで映画化。高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代が家を出て、父の直とふたり暮らしをしていた。しかし、父が再婚し、義母となっ …

映画「百円の恋」

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用で …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲