今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「チア男子!!」

投稿日:

「桐島、部活やめるってよ」「何者」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。柔道一家に生まれながら、やさしすぎる性格から強くなれずにいた晴希は、試合で肩を負傷してしまう。晴希が柔道を続けるべきか迷っていると、柔道仲間で無二の親友である一馬が「やりたいことがある」と、突然柔道をやめると宣言する。一馬が晴希と一緒にやりたいこと、それは男子チアリーディング部の創設だった。些細なことから大ケガにつながってしまうため「仲間を信頼すること」というチアの基本を守りながら、男子チア部「BREAKERS」は練習に打ち込んでいた。しかし、メンバー間の歯車が徐々におかしくなり、やがて決定的ともいえる亀裂を生んでしまう。晴希役を横浜、一馬役を中尾が、「BREAKERS」のメンバーを浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智が演じる。

映画.com

先日観て面白かった映画「何者」と同じ朝井リョウ原作という理由で鑑賞。

 大学のサークルでチアガールの男性版の「チア男子」、男子のチアリーディング部を創設した男子とその仲間たちの話。7人のメンバーがそれぞれ訳ありであり、コンプレックスを抱えて一歩踏み出せなかったりしているが、チアを通して成長していく。

 よくある部活サークル系の映画と言って仕舞えばそれまでだが、想像以上に面白くて、想像以上に感動してしまった。ラストのチア演技のシーンはなかなかのものだった。

 主役は横浜流星。動きが美しくてかっこいい。表情も多彩で観ていて飽きない。さすが売れっ子の俳優さんだと感心する。

 両親を亡くして祖母に育てられている子は、その祖母が認知症になってきたことで悩む。流星くんは、柔道一家で育ち、なかなか強くなれずに限界を感じていた。

 ある男子は、太っていることでスポーツはあきらめていた。またある男子はいつも孤独だった。

 唯一、チア経験者の男子は、以前自分のミスで仲間に大怪我をさせてしまった。

 そんなメンバーみんなが、それぞれの問題を克服して目標を目指していく姿がなんとも「青春!」という感じで、初老のおじさんが観ても感動をもらえる。

 なかなか良く出来た映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ゼロ・グラビティ」

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ …

映画「プール」

日本の家族から離れ、タイ・チェンマイ郊外にあるゲストハウスで働く母・京子を訪ねてきたさよだったが、そこで暮らすオーナーの菊子、従業員の市尾、タイ人の子供・ビーとうまく馴染めずにいた。しかし彼らと数日を …

映画「ファーストラヴ」

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑 …

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …