今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「チームバチスタの栄光」

投稿日:

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチスタ”。そんな彼らが3回続けて手術に失敗、患者はいずれも死に至る。内部調査を引き受けた心療内科の医師・田口(竹内結子)は真相を究明できぬまま事故と結論づけようとするが、報告書に納得できない厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)は再調査に乗り出す。

映画.com

 続編の「ジェネラルルージュの凱旋」を先に観てしまったが、まったく問題なかった。こちらも同じ雰囲気で同じレベルで楽しめる映画だった。

 大病院の不定愁訴科にて患者さんの愚痴を聞く仕事の竹内結子が、その病院の花形である心臓外科での連続しての手術失敗の原因を調べる役を仰せつかってしまった。

 不定愁訴科の医師竹内結子と看護師の野際陽子が、もう鬼籍に入っていることがなんとも寂しい限りだが、映画では生き生きとしていてとても癒される存在。

 竹内結子の演技は、どの映画でも大好きだっただけに彼女の死は心から寂しく思った。

 難易度の高い心臓バチスタ手術での死亡事故は、事故なのか?それとも殺人なのか?竹内結子がざっと調べた限りでは疑わしいところは見つからない。

 そこで病院長から依頼を受けた?厚生労働省の役人である阿部寛が送り込まれる。

 国のお役人ということで、偉そうな態度で横柄な阿部寛に辟易するが、鋭い視点で問題を解決していく。竹内結子と対照的な存在なだけにそのコンビが見ていて楽しい。

 最後まで飽きることなく見ることができて、後味もいいエンターテイメントな映画に仕上がっている。続編があればまた観てみたい。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」

小栗旬が文豪・太宰治を演じ、小説「人間失格」の誕生秘話を、太宰を取り巻く3人の女性たちとの関係とともに描いたオリジナル作品。「ヘルタースケルター」「Diner ダイナー」の蜷川実花がメガホンをとり、脚 …

映画「祈りの幕が下りる時」

阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の …

映画「おらおらでひとりでいぐも」

 第158回芥川賞と第54回文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子のベストセラー小説を「横道世之介」「モリのいる場所」の沖田修一監督が映画化し、昭和・平成・令和を生きるひとりの女性を田中裕子と蒼井優が2人1 …

映画「東京少女」

 100年の時を越えて繋がった携帯電話がもたらす切ない恋を綴ったファンタジック・ラブストーリー。SF作家を夢見る高校生の未歩は、地震をきっかけに携帯電話をなくしてしまう。取り戻すために自分の番号に掛け …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …