今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「チームバチスタの栄光」

投稿日:

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチスタ”。そんな彼らが3回続けて手術に失敗、患者はいずれも死に至る。内部調査を引き受けた心療内科の医師・田口(竹内結子)は真相を究明できぬまま事故と結論づけようとするが、報告書に納得できない厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)は再調査に乗り出す。

映画.com

 続編の「ジェネラルルージュの凱旋」を先に観てしまったが、まったく問題なかった。こちらも同じ雰囲気で同じレベルで楽しめる映画だった。

 大病院の不定愁訴科にて患者さんの愚痴を聞く仕事の竹内結子が、その病院の花形である心臓外科での連続しての手術失敗の原因を調べる役を仰せつかってしまった。

 不定愁訴科の医師竹内結子と看護師の野際陽子が、もう鬼籍に入っていることがなんとも寂しい限りだが、映画では生き生きとしていてとても癒される存在。

 竹内結子の演技は、どの映画でも大好きだっただけに彼女の死は心から寂しく思った。

 難易度の高い心臓バチスタ手術での死亡事故は、事故なのか?それとも殺人なのか?竹内結子がざっと調べた限りでは疑わしいところは見つからない。

 そこで病院長から依頼を受けた?厚生労働省の役人である阿部寛が送り込まれる。

 国のお役人ということで、偉そうな態度で横柄な阿部寛に辟易するが、鋭い視点で問題を解決していく。竹内結子と対照的な存在なだけにそのコンビが見ていて楽しい。

 最後まで飽きることなく見ることができて、後味もいいエンターテイメントな映画に仕上がっている。続編があればまた観てみたい。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「半世界」

 これほど画面から目が離せなかった映画もなかった。  ハラハラドキドキじゃなくて、「マラソン中継を見始めたらトイレにも行けずに最後までずっと見ちゃった」に近いかもしれない。  脚本が素晴らしいのか、役 …

映画「ホットロード」

「別冊マーガレット」(集英社刊)で1986~87年に連載され、単行本は全4巻で累計発行部数700万部を突破した紡木たくの人気少女コミックを実写映画化。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能 …

映画「ういらぶ。」

累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリー。同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。 …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「食べる女」

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、鈴木京香ら豪華女優陣が共演し、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を映画化。雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古 …