今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「トップガン」

投稿日:

 トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた大ヒットスカイアクション。アメリカ海軍が設立したエリートパイロット養成所「トップガン」にやってきたマーベリックやグースをはじめとするトップクラスの男たちは、実戦さながらの厳しい訓練に明け暮れる。女性教官チャーリーとの恋やライバルのアイスマンとの激突、そして訓練中の事故によるグースの死を経て、成長していくマーベリックは、やがて敵ミグ戦闘機との実戦に出撃する。アメリカ海軍全面協力による迫真の空戦シーンの数々や、ケニー・ロギンスやベルリンらの曲を用いたリズム感あふれる映像で世界的ヒットを記録した。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」のドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー、監督はリドリー・スコットの弟トニー・スコット。

映画.com

 今劇場上映している「トップガン マーヴェリック」ではなくて古い方。

 私にとっては戦闘機よりも音楽。「ケニー・ロギンス」や「ベルリン」の曲が懐かしすぎる。学生時代にどれだけ聴いたか。「フラッシュダンス」「フットルース」「愛と青春の旅立ち」「ストリート・オブ・ファイヤー」などなど。どれも物入れの片隅にズシリと重いレコードの塊の中に、ギュッと詰まった思い出として捨てられずに置いてある。

 戦闘機の飛ぶシーンは、私にとっては戦闘機でのドッグファイト系のゲームを見ているようで、まともに見続けていると目が回ってしまいそうになる。

 宙返りしたり、急降下、急上昇したり、きりもみした後にどうして今どちらの方向に飛んでいて、これからどっちに向かって飛べば良いのかわかるのだろう?と心配するばかり。スイカ割りのように目隠しされて2回ほど回されただけで、もうどっちに歩けば良いのかわからなくなるのに。

 仲間が死んでしまって、それが自分のミスだと思ったり、守れなかったと思ってしまったりして落ち込んで、またそこから立ち直ってから大活躍し、そこへ恋愛を絡めていくと言う手法は、この時期の映画がお決まりであり、安心してみていられる。

 トムクルーズは、どんな時でもかっこいいし、ヒロインは魅力的。

 「お!メグ・ライアンが出ていたっけ!」と懐かしく思ったり、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのストリックランド教授役のジェームズ・トールカンも懐かしかった。

 現在上映中の「トップガン マーヴェリック」も無料になったら見てみようっと。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    訓練中に事故死するグース役が、ER緊急救命室のグリーン先生と知った時はけっこう衝撃でした。ゲーリー・オールドマンを越えてるかもw

    • KURI より:

      Akiさん
       「ER緊急救命室のグリーン先生」、ホントだ、言われてみれば確かに同じ役者さんですねー。
      我が家は「声フェチ」ばかりなので、あのキャラとこのキャラが同じ声優さんっていう話ばかり。昨日もNHKの住所変更の案内を聞いているときに「あ、これラムちゃんの声だ」っていうから何かと思ったら声優の平野綾さんがアナウンスしていました。私はまったくわからないのですが、みなさんそれぞれ見るところが違うんだなって思いました。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「かそけきサンカヨウ」

 人気作家・窪美澄の同名短編小説を「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉監督のメガホンで映画化。高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代が家を出て、父の直とふたり暮らしをしていた。しかし、父が再婚し、義母となっ …

映画「ファーストラヴ」

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑 …

映画「百円の恋」

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用で …

映画「チームバチスタの栄光」

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチ …

映画「鈴木家の嘘」

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつ …