今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ドライブマイカー」

投稿日:

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベネチア国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていた。しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまう。2年後、喪失感を抱えながら生きていた彼は、演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かう。そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに気づかされていく。主人公・家福を西島秀俊、ヒロインのみさきを三浦透子、物語の鍵を握る俳優・高槻を岡田将生、家福の亡き妻・音を霧島れいかがそれぞれ演じる。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞。ほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞した。

映画.com

 劇場で鑑賞。他のお客さんは2人だけ。

 いい映画だと思うのに、この時期だから仕方ないか。

 3時間は体力的にキツかったが、それでも充実した3時間だった。派手なアクションも、美しい映像も、びっくりすることもない脚本なのに、ずっと画面から目が離せない。退屈な時間のない映画だった。

 俳優さんたちも素晴らしい。

 セリフも間合いもどれも言うことなし。何も文句のつけようがない。

 「良い映画だったなぁ」とジワジワと感じられる映画。そう思う映画ってそれほど多くない。

 なんと言っても「三浦透子」と言う女優さん。初めてみたかな?って思ったが、妻に教えられて気がついた。

 「天気の子」のあの曲を歌っていた人だ。

  映画の中では、舞台俳優であり演出家でもある家福(やふく)の短期間の運転手役。23歳の女性と言う設定。

 家福は、愛していた妻を2年前に突然くも膜下出血で亡くしていた。その愛する妻は、多くの男性と関係をもっていたが、家福は見て見ぬふりをしていた。それは妻を失いたくないからだった。

 運転手を任された23歳の女性ミサキも、複雑な過去を抱えていた。

 そんな二人は、毎日朝と晩と片道1時間の通勤の間、演劇の脚本のテープを流した車の中で、その劇と対峙する。

 その劇と自分の背負っている贖罪とがシンクロしつつ、少しずつ自分はどうしたら良いのかという道を探っていく。

 うっかりすると爆睡してしまうかもしれない。

 そうならないように映画の世界に没入していく。でも、決して眠くはならない。どんどん目は冴えてくる。

 静かな時間の中に、自分でもよくわからない緊張感が常に漂っていた。

 見終わった後の雰囲気も、満足感や充足感、スッキリ感と言うのでもない、なんとも言えない感情が残る。

 「いい映画だったなぁ」

 きっとそう思える映画。

 もう一度観たいけど、お気に入りの椅子で観たいな。

 3時間、映画館の座席に座っているのはちょっときつい。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「イーディ、83歳 はじめての山登り」

夫や子どもに人生を捧げてきた83歳の主婦が、長年の自分の夢をかなえるべくスコットランドの山を目指す姿を描いたヒューマンドラマ。ロンドンで暮らすイーディは30年間にわたって夫の介護を続けてきたが、娘には …

映画「インディージョーンズ 魔宮の伝説」

スティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス原案&製作総指揮、ハリソン・フォード主演によるアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」のシリーズ第2作。前作より1年前の1935年。上海のナ …

映画「HOMESTAY(ホームステイ)」

映画「HOMESTAY(ホームステイ)」(2022年2月11日からAmazon Prime Videoで独占配信中)。 早速観てみた。 よく出来た佳作で感動さえした。  出だしは、いきなり救急処置室ら …

映画「世界から猫が消えたなら」

映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿 …

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲