今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ドロステのはてで僕ら」

投稿日:

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画「ハウリング」をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画面を見ると、そこには自分の顔が映っていた。画面の中のカトウから「オレは2分後のオレ」と語りかけられるカトウ。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差でつながっているらしい。「タイムテレビ」 の存在を知った仲間たちは、テレビとテレビを向かい合わせて、もっと先の未来を知ろうと躍起になるが……。主人公カトウ役の土佐和成をはじめとする劇団メンバーのほか、朝倉あき、藤谷理子らが出演。原案・脚本を劇団の代表である上田誠、監督を劇団の映像ディレクター、山口淳太が務める。

映画.com

 面白い映画だった。全体的なノリは名作「サマータイムマシン・ブルース」に似ている。原案、脚本も一緒だが、本当によく練られた脚本で1時間10分ほどだが、ずっと飽きずにワクワクしながら観ることができた。

 ずっとB級っぽさを醸し出しながらも、思いの外よく出来ていて感心するばかり。

 ヒロインの朝倉あきをはじめ、キャスティングもよくて、みんな楽しそうに演じているところがとても共感が持てて、こちらまでその楽しさが伝わってくる。

 友達が「面白い動画作ったんだよ、観てみて」「えーマジか?! これ本当にお前らが作ったの?」「これイケるって、世界でも通用するんじゃね?」と言うノリを感じてしまいそう。

 最後のメイキング映像を観ると、スマホで撮影している。スマホでもこれだけのことができるのか?!って感じる。これを観た老若男女がこの作品を観て「オレも、私も撮ってみようかな?」ってたくさんの後継者が生まれてくれることを望むばかり。

 短編映画を作ってそれをアップする場所もあって、すぐにその反響が知ることが出来る場所をもっと出来てくればいいなって思う。

 そう感じさせるような佳作だった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「7月4日に生まれて」

アメリカ独立記念日に生まれたれヴェトナム帰還兵の青年が、さまざまな心の葛藤を経て反戦運動に身を投じてゆく姿を実話を基に描くドラマ。ロン・コーヴィックの同名小説を基に製作・監督・脚色は「トーク・レディオ …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

映画「罪の声」

実際にあった昭和最大の未解決事件をモチーフに過去の事件に翻弄される2人の男の姿を描き、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士のミステリー小説「罪の声」を、小栗旬と星野源の初共演で映画化 …

映画「鈴木家の嘘」

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつ …

映画「熟れた本能」

主演は「フォー・ウェディング」「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、監督は「彼女たちの時間」のカトリーヌ・コルシニ。スザンヌは医者の夫と2人の子供と南仏に暮らす専業主婦。 …