今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ドロステのはてで僕ら」

投稿日:

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画「ハウリング」をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画面を見ると、そこには自分の顔が映っていた。画面の中のカトウから「オレは2分後のオレ」と語りかけられるカトウ。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差でつながっているらしい。「タイムテレビ」 の存在を知った仲間たちは、テレビとテレビを向かい合わせて、もっと先の未来を知ろうと躍起になるが……。主人公カトウ役の土佐和成をはじめとする劇団メンバーのほか、朝倉あき、藤谷理子らが出演。原案・脚本を劇団の代表である上田誠、監督を劇団の映像ディレクター、山口淳太が務める。

映画.com

 面白い映画だった。全体的なノリは名作「サマータイムマシン・ブルース」に似ている。原案、脚本も一緒だが、本当によく練られた脚本で1時間10分ほどだが、ずっと飽きずにワクワクしながら観ることができた。

 ずっとB級っぽさを醸し出しながらも、思いの外よく出来ていて感心するばかり。

 ヒロインの朝倉あきをはじめ、キャスティングもよくて、みんな楽しそうに演じているところがとても共感が持てて、こちらまでその楽しさが伝わってくる。

 友達が「面白い動画作ったんだよ、観てみて」「えーマジか?! これ本当にお前らが作ったの?」「これイケるって、世界でも通用するんじゃね?」と言うノリを感じてしまいそう。

 最後のメイキング映像を観ると、スマホで撮影している。スマホでもこれだけのことができるのか?!って感じる。これを観た老若男女がこの作品を観て「オレも、私も撮ってみようかな?」ってたくさんの後継者が生まれてくれることを望むばかり。

 短編映画を作ってそれをアップする場所もあって、すぐにその反響が知ることが出来る場所をもっと出来てくればいいなって思う。

 そう感じさせるような佳作だった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「シャーロットのおくりもの (吹替版)」

「スチュアート・リトル」の原作者E・B・ホワイトによるベストセラー小説を映画化したハートウォーミングなファンタジー。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとし …

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

 見始めて戸惑いばかりだった。  え?何がどうなっているの?  前作「破」から14年後の世界。シンジが上司の制止に従わず綾波レイを助けたことで、大変なことになってしまった。  自分は自分の良心に従って …

アニメ映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」

押井守監督が1995年に手がけたSF長編アニメの金字塔。士郎正宗のSFコミック「攻殻機動隊」をアニメーション映画化した。西暦2029年、高度に発達したネットワーク社会において多発するコンピューター犯罪 …

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」

三浦貴大と夏帆が、それぞれ隔週交代で単独キャンプをする。  三浦貴大は、主に缶詰料理で孤独を味わう系。  夏帆は貪欲に食材を現地調達して、その場で調理して食べる。  二人の演技はなかなか良くて観ていて …