今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ハゲタカ」

投稿日:

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶望し、海外にその活躍の場を広げていた。ある日、鷲津のもとを盟友の芝野が訪れ、中国系ファンドによる日本の大手自動車メーカー買収を阻止してほしいと依頼する。主演はドラマに引き続き大森南朋、敵対する“赤いハゲタカ”を玉山鉄二が演じる。

映画.com

 これが元々NHKドラマだったとはびっくりだった。2007年の映画になるが、中国資本のファンドが日本の大手自動車メーカーを乗っ取ることに対して、一度日本の閉鎖的な仕組みに絶望したファンドマネージャーが再び立ち上がる。

 終盤から中国ファンドを追い詰めて大逆転をしていく様は痛快であるが、その後の結末はとても切なく悲しい。そんなところをうまく表現していて見応えのある映画だった。

 今のNHKではこの設定では作ることはできないのではないかと思ってしまうだけに、なかなか面白い映画となっている。

 主役の大森南朋の演技は結構私は好きで、これを地味な演技というのか渋い演技というのかわからないが、観ていて飽きさせない。それと比べて柴田恭平の演技はまったく違うタイプで、その対照的な演技がこれまた面白い。

 玉山鉄二も好きな俳優さんで、最初のいきり立っている時と最後の潰された時の哀愁をなんとも上手に演じている。大手自動車メーカー社長の遠藤憲一も、ヤクザのような顔なのだが、そのオロオロする様がなんともいい味を出していた。

 ドラマを観ていないので、松田龍平の役どころが今ひとつよくわからなかったのが残念なところだった。

 こういった金融ドラマを観ていると、戦国時代の一緒だなと感じる。情報とスピードと決断。詰まるところはいつも人間対人間。

 すべてのものはそういったところへと向い、わかった積もりになっていても、結局は何年もかけて場数を踏み、あらゆる思いつく限りの失敗をしていかないと最終的なところへはたどり着けないのだろう。

 手法・テクニックだけ分かったとしても、それでいくつかは勝てても、やはり最終的なところへたどり着くには回り道をしないことにはたどり着けない場所なのだと思う。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に …

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …

映画「真夏の方程式」

東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。手つかずの …