今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ハゲタカ」

投稿日:

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶望し、海外にその活躍の場を広げていた。ある日、鷲津のもとを盟友の芝野が訪れ、中国系ファンドによる日本の大手自動車メーカー買収を阻止してほしいと依頼する。主演はドラマに引き続き大森南朋、敵対する“赤いハゲタカ”を玉山鉄二が演じる。

映画.com

 これが元々NHKドラマだったとはびっくりだった。2007年の映画になるが、中国資本のファンドが日本の大手自動車メーカーを乗っ取ることに対して、一度日本の閉鎖的な仕組みに絶望したファンドマネージャーが再び立ち上がる。

 終盤から中国ファンドを追い詰めて大逆転をしていく様は痛快であるが、その後の結末はとても切なく悲しい。そんなところをうまく表現していて見応えのある映画だった。

 今のNHKではこの設定では作ることはできないのではないかと思ってしまうだけに、なかなか面白い映画となっている。

 主役の大森南朋の演技は結構私は好きで、これを地味な演技というのか渋い演技というのかわからないが、観ていて飽きさせない。それと比べて柴田恭平の演技はまったく違うタイプで、その対照的な演技がこれまた面白い。

 玉山鉄二も好きな俳優さんで、最初のいきり立っている時と最後の潰された時の哀愁をなんとも上手に演じている。大手自動車メーカー社長の遠藤憲一も、ヤクザのような顔なのだが、そのオロオロする様がなんともいい味を出していた。

 ドラマを観ていないので、松田龍平の役どころが今ひとつよくわからなかったのが残念なところだった。

 こういった金融ドラマを観ていると、戦国時代の一緒だなと感じる。情報とスピードと決断。詰まるところはいつも人間対人間。

 すべてのものはそういったところへと向い、わかった積もりになっていても、結局は何年もかけて場数を踏み、あらゆる思いつく限りの失敗をしていかないと最終的なところへはたどり着けないのだろう。

 手法・テクニックだけ分かったとしても、それでいくつかは勝てても、やはり最終的なところへたどり着くには回り道をしないことにはたどり着けない場所なのだと思う。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「ハッピー・リタイアメント」

 原作は、あの浅田次郎氏。  ドタバタな楽しいドラマ。  2時間枠だが、映画とは明らかに違う雰囲気。  とにかくノリが軽くて気軽に見られて、飽きずに楽しい。 財務省。 イヤなキャリア公務員の上司(八嶋 …

映画「あやしい彼女」

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。  それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。  元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。  女手一つで娘を育て上 …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …