今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

投稿日:

 たくさんの経験を積んで

 たくさんの失敗と成功を繰り返し

 その積み上げた経験のもと

 咄嗟のトラブルが起こり

 そこで、自分で反射的に判断した行動に対し

 確信と自信があったとしても

 周りから叩かれると

 その自信も崩れ去り、不安の渦に陥ってしまう。

「あの時自分は最善を尽くした」

 結果が最悪を免れたとしても、

 それでは済まない時がある。

 のちの検証から、こんな方法もあった

 そちらの方がベストだったとなった時、

 あの時の自分の行動は本当に正しかったのだろうか?

 と、不安になる。

 日常の仕事もそれの連続だ。

 多くの場合は、不安に思っても

「あれでよかったんだと、自分は間違っていない」と

 自分に言い聞かせることもできるが、

 いざそれが裁判になったとして、

 自分の知らないデータも出てきて、

 その時に自分が体感した状況と全く違う状況になっていて、

 いつの間にか自分が悪いことをしたことになっている。

 そんな状況に追い込まれたら、自分が自分でいられるだろうか?

 先日は再上映の「Fukushima50」を観た。

  この映画も、

 「俺たちは何か間違ったのか?」ということ。

 突然の予想を遥かに超えた出来事に、

 今までの経験を踏まえて最善を尽くしたはずが、

 結果的には思わぬ方向へ行ってしまう。

 これに対してその人たちを誰が責められるのだろうか?

 一つの事象が起これば、

 それをどの方向から検証するかによって、

 何がベストだったのかは違ってくる。

 それを踏まえて、人は人を、

 起こってしまった事象を、

 善悪と言う、なんとも不確実な概念で裁くことができるのだろうか?

 いろいろと考えさせられる秀逸な作品たちだった。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発」

 第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』主演中井貴一、第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』主演三浦友和に続く「RAILWAYS」シリーズ第3弾。  第3弾の …

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …