今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

投稿日:

 たくさんの経験を積んで

 たくさんの失敗と成功を繰り返し

 その積み上げた経験のもと

 咄嗟のトラブルが起こり

 そこで、自分で反射的に判断した行動に対し

 確信と自信があったとしても

 周りから叩かれると

 その自信も崩れ去り、不安の渦に陥ってしまう。

「あの時自分は最善を尽くした」

 結果が最悪を免れたとしても、

 それでは済まない時がある。

 のちの検証から、こんな方法もあった

 そちらの方がベストだったとなった時、

 あの時の自分の行動は本当に正しかったのだろうか?

 と、不安になる。

 日常の仕事もそれの連続だ。

 多くの場合は、不安に思っても

「あれでよかったんだと、自分は間違っていない」と

 自分に言い聞かせることもできるが、

 いざそれが裁判になったとして、

 自分の知らないデータも出てきて、

 その時に自分が体感した状況と全く違う状況になっていて、

 いつの間にか自分が悪いことをしたことになっている。

 そんな状況に追い込まれたら、自分が自分でいられるだろうか?

 先日は再上映の「Fukushima50」を観た。

  この映画も、

 「俺たちは何か間違ったのか?」ということ。

 突然の予想を遥かに超えた出来事に、

 今までの経験を踏まえて最善を尽くしたはずが、

 結果的には思わぬ方向へ行ってしまう。

 これに対してその人たちを誰が責められるのだろうか?

 一つの事象が起これば、

 それをどの方向から検証するかによって、

 何がベストだったのかは違ってくる。

 それを踏まえて、人は人を、

 起こってしまった事象を、

 善悪と言う、なんとも不確実な概念で裁くことができるのだろうか?

 いろいろと考えさせられる秀逸な作品たちだった。



-映画
-, ,

執筆者:


  1. Aki より:

     ハドソン川の奇跡いい映画です、個人的に言わせていただくと問題は副操縦士役のアーロン・エッカートのヒゲでしょうか、この役者さんはバットマンシリーズでは悪役、他幸せのレシピではかっこいいシェフを演じたりあまりに化けすぎ、今回もいい役どころで出てますがあのマリオのような髭についつい目が行ってしまって、作品を真面目に見ることができませんでした…ヒゲ付けないでそのままで出てくれたら良かったのになー

    • KURI より:

      覚えていますあの髭。マリオと聞いてなるほどと思いました。私はフレディ・マーキュリーのイメージでしたけど、確かに気になりました。実際の副機長さんがあのような髭をたくわえていたのでそうしたのでしょうけど、ちょっと違和感ありましよね。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「オケ老人!」

 連日の映画評。  今回は「オケ老人!』  梅ヶ岡高校に赴任した若い数学教師の千鶴(杏)は、地元のアマチュアオーケストラの演奏を聴きにいき、その演奏にとても感動する。自身もバイオリンをやっているのでぜ …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「RISE UP」

ライズアップは、「立ち上がる」という意味だろうか。   石川県「獅子吼高原(ししくこうげん)」でパラグライダーに励む高校生「航(わたる)」=林遣都くんは、今日も悪友のひろやと一緒だ。  ある時ふたりは …

映画「ひるなかの流星」

女子中高生の「初恋のバイブル」として人気のやまもり三香による少女コミックを、永野芽郁主演で実写映画化。両親の海外転勤をきっかけに、田舎暮らしから一転し、東京で暮らすこととなった高校1年生の与謝野すずめ …