今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ハルフウェイ」

投稿日:

「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」などのヒットドラマを手がけてきた脚本家・北川悦吏子の初監督作品で、岩井俊二、小林武史がプロデュースを担当。主演は北乃きいと岡田将生。北海道の高校に通うヒロは、以前から好きだったシュウに告白され、付き合うことに。しかし、シュウが東京の大学を受験することになり、付き合い始めたばかりで離れ離れにならなければならないことに悩む2人は、次第にすれ違っていくが……。

映画.com

これを最初に観たのはもう11年も前だった。しっかりブログにも書いていた。

 監督は木村拓哉と山口智子の「ロングバケーション」、この前の朝ドラ「半分、青い」の脚本を書いた北川悦吏子。若い男女の微妙な心情を描くのが上手い人だ。この映画もそんな観ていて微笑ましい若い二人の青春の1ページの映画。

 受験シーズンの高校。北乃きい演じる「ヒロ」は、以前からクラスでもかっこいいシュウ(岡田将生)に憧れて片思いしていた。ある日、ヒロが自分のことを好きだということを知ったシュウが、突然ヒロに「付き合わない?」って声をかけてくる。舞い上がったヒロはもう嬉しくて仕方ないが、逆にわがままに振舞う。

 それでも仲良く夢のような学校生活を送るが、ある時ヒロは、シュウが東京の早稲田大学を受験すると知る。東京に行ってしまうかもしれないと戸惑うヒロ。「どうして東京に行くと決めていたのに、私と付き合うことにしたの?」と責める。何度も責めるもんだからシュウも早稲田を受験することを諦めた。

 それを知ったヒロは、それでまた迷ってしまう。

 そんな二人の押したり引いたりするやりとりが、微笑ましくてたまらない。もう自分の娘や孫を見る感覚て観てしまう。自分だったらどうだろう?って考えていない自分がいる。「それじゃシュウくんがかわいそうじゃん!」というようなことは考えず、ただただ微笑ましい。

 もうそんな年齢になってしまったんだなぁってつくづく感じた。

 エンディングのSalyuの歌う「ハルフウェイ」も、心に響くいい曲。またじっくりSalyuの曲を聴きたくなった。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ジャッカル」

 ジャッカルという呼び名だけ知られる正体不明の超大物暗殺者と、彼を追うIRAの元テロリストの攻防を描くサスペンス・アクション。フレデリック・フォーサイスの有名小説『ジャッカルの日』のフレッド・ジンネマ …

映画「15時17分、パリ行き」

「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事 …

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …

映画「チアダン」

 ごく普通の女子高生たちによるチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高校の実話を、広瀬すず、中条あやみ、天海祐希らの出演で映画化。高校に入学した友永ひかりは、中学か …

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …