今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

投稿日:

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。

 潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の映画だった。

 2時間、水割り片手に本当に楽しめた。主役のジェラルド・バトラーがやたらとかっこいい。敵国のこともとてもよく描いている。

 機雷がたくさん置かれている場所でも、あんなに大きな潜水艦がミリ単位で間をすり抜けていくとか、どんな小さな音も出せない音響センサー機雷では艦内で声も出せなくて静かにするシーンとか、こちらもしっかり息を止めて苦しくなるほど。

 次から次へと起こる苦難をどうにか乗り越えて、いくつもの伏線もひとつずつ丁寧に回収していき、納得のエンディング。

 お見事としか言えない。

 悪者は、相手の国のクーデターを起こした国防相ただ一人で、それ以外はみんな「悪い奴じゃない」というスタンスが好感をもてる。「みんな立場は一緒、命令に忠実に行動しているだけだ」というのがいい。

 「ランボー」や「インディージョーンズ」を観たあとのような爽快感。こういう映画がいいな。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    見ごたえありましたねー
    ロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィスト、ミレニアム3部作で主役を務めこれも面白かった。これで名前を売ったのかMIゴーストプロトコルでは悪役でいい味出してたけど、このハンターキラーの完成も見ず56歳でご逝去もったいないなぁ・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      さすがお詳しい! あのロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィストは3年前に亡くなられてたのですね。なんとも残念。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「好きだ、」

「ソラニン」に続いての宮崎あおいの作品。  もう宮崎あおいちゃん大好き。  高校時代のカップルを宮崎あおいと瑛太が演じていて、その17年後に再開した時は、永作博美と西島秀俊が演じる。  高校時代に河原 …

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

 カナダの女性画家「モード・ルイス」の半生を描いた映画。  モードは、生まれながらの若年性リウマチを患っており、手足が思うように動かない。背も小さく、歩き方も不自然。そんな見た目のために、小さい頃から …

映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発」

 第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』主演中井貴一、第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』主演三浦友和に続く「RAILWAYS」シリーズ第3弾。  第3弾の …

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …