今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

投稿日:

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。

 潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の映画だった。

 2時間、水割り片手に本当に楽しめた。主役のジェラルド・バトラーがやたらとかっこいい。敵国のこともとてもよく描いている。

 機雷がたくさん置かれている場所でも、あんなに大きな潜水艦がミリ単位で間をすり抜けていくとか、どんな小さな音も出せない音響センサー機雷では艦内で声も出せなくて静かにするシーンとか、こちらもしっかり息を止めて苦しくなるほど。

 次から次へと起こる苦難をどうにか乗り越えて、いくつもの伏線もひとつずつ丁寧に回収していき、納得のエンディング。

 お見事としか言えない。

 悪者は、相手の国のクーデターを起こした国防相ただ一人で、それ以外はみんな「悪い奴じゃない」というスタンスが好感をもてる。「みんな立場は一緒、命令に忠実に行動しているだけだ」というのがいい。

 「ランボー」や「インディージョーンズ」を観たあとのような爽快感。こういう映画がいいな。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    見ごたえありましたねー
    ロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィスト、ミレニアム3部作で主役を務めこれも面白かった。これで名前を売ったのかMIゴーストプロトコルでは悪役でいい味出してたけど、このハンターキラーの完成も見ず56歳でご逝去もったいないなぁ・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      さすがお詳しい! あのロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィストは3年前に亡くなられてたのですね。なんとも残念。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「イエスタデイ」

2019年の作品。  売れないシンガーソングライターのジャックは、もう長いことパブなどで歌ってきたがそろそろ限界を感じていた。学生時代からの幼なじみのエリーは彼の歌の大ファンでマネージャー兼運転手を買 …

映画「ランボー」

 公開されたのが38年前。   もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だ …