今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

投稿日:

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。

 潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の映画だった。

 2時間、水割り片手に本当に楽しめた。主役のジェラルド・バトラーがやたらとかっこいい。敵国のこともとてもよく描いている。

 機雷がたくさん置かれている場所でも、あんなに大きな潜水艦がミリ単位で間をすり抜けていくとか、どんな小さな音も出せない音響センサー機雷では艦内で声も出せなくて静かにするシーンとか、こちらもしっかり息を止めて苦しくなるほど。

 次から次へと起こる苦難をどうにか乗り越えて、いくつもの伏線もひとつずつ丁寧に回収していき、納得のエンディング。

 お見事としか言えない。

 悪者は、相手の国のクーデターを起こした国防相ただ一人で、それ以外はみんな「悪い奴じゃない」というスタンスが好感をもてる。「みんな立場は一緒、命令に忠実に行動しているだけだ」というのがいい。

 「ランボー」や「インディージョーンズ」を観たあとのような爽快感。こういう映画がいいな。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    見ごたえありましたねー
    ロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィスト、ミレニアム3部作で主役を務めこれも面白かった。これで名前を売ったのかMIゴーストプロトコルでは悪役でいい味出してたけど、このハンターキラーの完成も見ず56歳でご逝去もったいないなぁ・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      さすがお詳しい! あのロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィストは3年前に亡くなられてたのですね。なんとも残念。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ムーンライトシャドウ」

吉本ばなな初期の名作「ムーンライト・シャドウ」を、小松菜奈主演で映画化したラブストーリー。さつきと等は導かれるように出会い、恋に落ちる。等の3歳年下の柊と、柊の恋人ゆみこをあわせた4人は意気投合し、多 …

映画「望み」

堤幸彦監督と堤真一が初タッグを組み、雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。一級建築士の石川一登と校正者の妻・貴代美は、高校生の息子・規士や中学生の娘・雅とともに、スタイリッシュな …

映画「ポエトリーエンジェル」

リングの上で自作の詩を朗読し、どちらの言葉が聞き手の心に届くかを判定して勝敗を決める「詩のボクシング」を通し、成長していく人々の姿を描いた青春エンタテインメント。「合葬」「ディストラクション・ベイビー …

映画「さよなら くちびる」

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただ …

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …