今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

投稿日:

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。

 潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の映画だった。

 2時間、水割り片手に本当に楽しめた。主役のジェラルド・バトラーがやたらとかっこいい。敵国のこともとてもよく描いている。

 機雷がたくさん置かれている場所でも、あんなに大きな潜水艦がミリ単位で間をすり抜けていくとか、どんな小さな音も出せない音響センサー機雷では艦内で声も出せなくて静かにするシーンとか、こちらもしっかり息を止めて苦しくなるほど。

 次から次へと起こる苦難をどうにか乗り越えて、いくつもの伏線もひとつずつ丁寧に回収していき、納得のエンディング。

 お見事としか言えない。

 悪者は、相手の国のクーデターを起こした国防相ただ一人で、それ以外はみんな「悪い奴じゃない」というスタンスが好感をもてる。「みんな立場は一緒、命令に忠実に行動しているだけだ」というのがいい。

 「ランボー」や「インディージョーンズ」を観たあとのような爽快感。こういう映画がいいな。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    見ごたえありましたねー
    ロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィスト、ミレニアム3部作で主役を務めこれも面白かった。これで名前を売ったのかMIゴーストプロトコルでは悪役でいい味出してたけど、このハンターキラーの完成も見ず56歳でご逝去もったいないなぁ・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      さすがお詳しい! あのロシア艦艦長役のミカエル・ニクヴィストは3年前に亡くなられてたのですね。なんとも残念。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アニメ映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」

押井守監督が1995年に手がけたSF長編アニメの金字塔。士郎正宗のSFコミック「攻殻機動隊」をアニメーション映画化した。西暦2029年、高度に発達したネットワーク社会において多発するコンピューター犯罪 …

繰り返し観てしまう映画

「繰り返し観てしまう映画」  みんなどんな映画を選ぶのだろう?と、ググってみると、意外と自分の選んだ映画は思ったほど多くなかった。  確かにそれらの映画は名作が揃っていて、「なるほど、そうなのねぇ」と …

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「嘘八百 京町ロワイヤル」

幻のお宝をめぐり、中井貴一と佐々木蔵之介扮する古物商と陶芸家がだまし合いの大騒動を繰り広げるコメディのシリーズ第2作。大阪・堺で幻の利休の茶器をめぐって大勝負を仕掛けた古物商の則夫と陶芸家の佐輔が、ひ …

映画「ロボコップ」

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オム …