今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「バケモノの子」

投稿日:

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。脚本も細田監督が自ら手がけ、声優には、渋天街のバケモノ・熊徹に役所広司、人間界の渋谷から渋天街に迷い込み、熊徹の弟子となって九太という名前を授けられる主人公の少年に宮崎あおい(少年期)と染谷将太(青年期)、ヒロインとなる少女・楓に広瀬すずと豪華キャストが集結している。第39回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞を受賞。

映画.com

3回目の鑑賞。好きなアニメ映画だ。

 「人間は弱い。だから心に闇を持っている。」

 「意味なんて、てめえで見つけるんだよ!」

 「父さんは、俺の何を知っているんだよ!」

 

 

 前作の「おおかみこどもの雨と雪」では、母と子を描いた。

 この映画は、父と子の姿を師匠と弟子という視点から鋭く描いている。

 自分の息子のことは、わかっているようで何もわかっていないのかもしれない。正直、小さい頃のイメージだけで、あとはそのイメージを自分なりに膨らませて想像し、ピュアな青年を作り上げてしまっているのかもしれない。

 自分自身のことを考えてみてもそう思う。

 ドラマや映画の中で罪を犯した息子に対して母親が「私の〇〇ちゃんはそんなことをする子じゃない!」と狂乱して叫ぶのもその典型なのかもしれない。

 自分は息子のことは何も知らないのかもしれない。

 親子とはそういうものなのだ、きっと。

 自然界の動物を見ていても、みんなそうだ。

 幼い頃は命がけで守るが、ある時期を境にして厳しく突き放す。

 母と子の密着を引き離すのも、父親の役目なのかもしれないと思っている。

 それまでは、どうにか一人で生きていけるようにとたくさんのことを教える。

 子たちに教えるというのは、自信と充実感に満ち溢れていて、快感でもある。

 「伝えた」という満足感も得られる。

 背中を見て真似をしてくれること、こんなに嬉しいことはない。

 そんなことをアニメのキャラクターで表現しているところがすごい。

 父親としては涙なしでは見られない映画だ。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「フォルトゥナの瞳」

他人の死が見えてしまうという不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の「死」に立ち向かう姿を描いた百田尚樹の同名小説を、神木隆之介と有村架純の共演、「僕等がいた」「ぼくは明日、昨日のきみとデートす …

映画「ソラニン」

 宮崎あおいが好きで、次々と検索して観ている。  監督は三木孝浩氏で、私の過去に観た好きな作品ばかり。  本田翼の「アオハライド」、  上野樹里の「陽だまり彼女」、  新垣結衣の「唇に歌を」、  土屋 …

映画「ドロステのはてで僕ら」

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画「ハウリング」をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画 …

映画「僕等がいた」

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる …

映画「おっぱいバレー」

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。  部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5 …