今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「バケモノの子」

投稿日:

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。脚本も細田監督が自ら手がけ、声優には、渋天街のバケモノ・熊徹に役所広司、人間界の渋谷から渋天街に迷い込み、熊徹の弟子となって九太という名前を授けられる主人公の少年に宮崎あおい(少年期)と染谷将太(青年期)、ヒロインとなる少女・楓に広瀬すずと豪華キャストが集結している。第39回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞を受賞。

映画.com

3回目の鑑賞。好きなアニメ映画だ。

 「人間は弱い。だから心に闇を持っている。」

 「意味なんて、てめえで見つけるんだよ!」

 「父さんは、俺の何を知っているんだよ!」

 

 

 前作の「おおかみこどもの雨と雪」では、母と子を描いた。

 この映画は、父と子の姿を師匠と弟子という視点から鋭く描いている。

 自分の息子のことは、わかっているようで何もわかっていないのかもしれない。正直、小さい頃のイメージだけで、あとはそのイメージを自分なりに膨らませて想像し、ピュアな青年を作り上げてしまっているのかもしれない。

 自分自身のことを考えてみてもそう思う。

 ドラマや映画の中で罪を犯した息子に対して母親が「私の〇〇ちゃんはそんなことをする子じゃない!」と狂乱して叫ぶのもその典型なのかもしれない。

 自分は息子のことは何も知らないのかもしれない。

 親子とはそういうものなのだ、きっと。

 自然界の動物を見ていても、みんなそうだ。

 幼い頃は命がけで守るが、ある時期を境にして厳しく突き放す。

 母と子の密着を引き離すのも、父親の役目なのかもしれないと思っている。

 それまでは、どうにか一人で生きていけるようにとたくさんのことを教える。

 子たちに教えるというのは、自信と充実感に満ち溢れていて、快感でもある。

 「伝えた」という満足感も得られる。

 背中を見て真似をしてくれること、こんなに嬉しいことはない。

 そんなことをアニメのキャラクターで表現しているところがすごい。

 父親としては涙なしでは見られない映画だ。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「父親たちの星条旗」

「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側 …

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編になる。  「序」は先日近所の映画館にて「4DX」で鑑賞した。大迫力で大興奮であった。  今回も妻と一緒だが、映画館ではなくて自宅のリビングでいつものテレビでAm …