今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「パーマネントのばら」

投稿日:

 2時間弱でサラッと観られる日本映画はないかなって、Amazonプライムで探していたら目に入った作品。

 あらすじも原作もキャスティングもよくわからず鑑賞開始。

 正直なところ、あまり期待していなかったし、狭い人間関係の漁村でのパーマ屋さんでの話にあまり気分が盛り上がらない。

 しかも、みんなおばちゃんたちに品がなくてエロ話で盛り上がっている。あまり好きじゃないパターン。

 その品のない中で、唯一品のあるのが主役の菅野美穂。

 小学生の女の子の母であり、シングルマザー。実家がパーマ屋さんで店の名前が「パーマネントのばら」。店主のおばちゃんが母であり夏木マリが演じている。

 菅野美穂の同級生が小池栄子で場末のキャバレーの女。男運に恵まれず、付き合っている男も浮気するので、相手の女を車で跳ねようとして失敗して男を跳ねて大怪我をさせてしまうが、それも警察沙汰にならない無法地帯。

 もう一人の同級生は池脇千鶴。こちらも男運が悪く、暴力をふるう男ばかり。最後にやっと暴力を振るわない男と出会って結婚したが、ギャンブル狂いだった。借金抱えて家から出て行ってしまった。

 主人公の菅野美穂は家のパーマ屋さんを手伝いながら小学生の娘を育てつつ、中学校の理科の先生(江口洋介)とこっそり付き合っていた。しかし、その付き合いもうまく行っているようないっていないような感じ。すれ違いながらも会えれば仲が良い。

 ここまでで全体の2/3くらいなのだが、最後の20分ほどでその世界がひっくり返る。

 「え?! そうだったの? 」

 ということは?「え??」。

 と、そこから今までの出来事や様々なエピソードの見方がガラリと変わって見える。

 そして、どうにも切なくなって涙が溢れてくる。

 「やられた」

 そう思った。そしてすぐにもう一度最初から観たくなった。

 そんな映画。

 

 菅野美穂は最初から最後まで可愛くて素晴らしい。小池栄子も夏木マリも池脇千鶴もみんな素晴らしい。

 もう数回リピートするだろう映画。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「一度も撃ってません」

 「半世界」「エルネスト」の阪本順治監督、「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映画主演となる石橋蓮司が、冴えない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔をもつ …

ドラマ「有村架純の撮休」

1話完結タイプのWOWOWドラマ。全8話。  妄想を膨らませることができる、かなり上質のドラマ。有村架純ファンなら堪らない設定。  毎回、急にドラマの撮影が休止になり、ポッカリと空いた1日をどう過ごそ …

映画「水曜日が消えた」

 主人公の青年は幼いころの事故の後遺症により、7人の人格が日替わりで現れる。性格や好み、ライフスタイルもそれぞれ異なる7人の中でも一番地味で几帳面な火曜日の”僕”は、自由奔放な …

映画「グッモーエビアン!」

吉川トリコの人気小説を大泉洋&麻生久美子の主演で映画化。未婚の母アキと中学生の娘ハツキ、アキが所属していたパンクバンドのメンバーだったヤグが織り成す、一風変わった家族の姿を描く。若い頃はパンクバンドの …

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代 …