今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

投稿日:

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南海作戦」「オケ老人!」の細川徹監督が、男性不妊に直面しながらも明るく前向きに乗り越えようとするヒキタ夫妻の姿をユーモラスかつ叙情的に描く。49歳の作家ヒキタクニオは、年下の妻サチと2人で仲良く暮らしている。子どもは作らず2人だけで生きていこうと考えていたが、サチの言葉をきっかけに妊活を始めることに。しかしなかなか結果は出ず、クリニックで検査してみると、不妊の原因がクニオにあることが判明する。2人はショックを受けながらも現実を受け止め、夫婦で力を合わせて全力で妊活に取り組んでいく。

映画.com

  なんと言っても北川景子が美しい。すっぴんでも可愛い。

  不機嫌でもステキ。笑ったらもっとキレイ。それに尽きる。

 それを上手に引き立てる松重豊。孤独のグルメと同じキャラだが愛おしい。

 冷静に出来事を考えると、とても笑えるものではないのであるが、随所にそこに落ち込まないように楽しい工夫がなされている。それはそれぞれの俳優さんの表情であり、小さなエピソードであり、何気ない日常の細かい一つ一つの積み重ねの中で常に前向きでありたいという願いのようなものなのかもしれない。

  妊活からの不妊治療。頑張った末に一度は妊娠するが育たず、再びチャレンジしてもなかなか着床せず、やっとやっと出来たと思ったら先天性異常の疑い。喜んでは突き落とされて、頑張って頑張って喜んではまた突き落とされる。それでもこの年の差カップルはいつも助け合って、抱き合って前に歩いていく。そんな姿に心が動かされる。

 年の差があると、それぞれに年齢的なことや体調のことで不安を抱えている。妊活、不妊治療でなくてもその問題は有り続けるのに、その上の試練。試練という言葉も違うと思うのだが、もしめでたく子供を授かることが出来たとしても、結婚と同じで「そこからがスタート」。

 その道を選んだ夫婦であるから、きっときっと色々と有りながらも前へ進んで行かないといけない。その中で喜びを見つけて、幸せを感じながら死ぬまで生きるのだろう。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

映画「ビューティフル・マインド」

 天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳 …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

映画「青空エール」

三木孝浩監督作品。土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くん。  野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦 …