今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

投稿日:

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南海作戦」「オケ老人!」の細川徹監督が、男性不妊に直面しながらも明るく前向きに乗り越えようとするヒキタ夫妻の姿をユーモラスかつ叙情的に描く。49歳の作家ヒキタクニオは、年下の妻サチと2人で仲良く暮らしている。子どもは作らず2人だけで生きていこうと考えていたが、サチの言葉をきっかけに妊活を始めることに。しかしなかなか結果は出ず、クリニックで検査してみると、不妊の原因がクニオにあることが判明する。2人はショックを受けながらも現実を受け止め、夫婦で力を合わせて全力で妊活に取り組んでいく。

映画.com

  なんと言っても北川景子が美しい。すっぴんでも可愛い。

  不機嫌でもステキ。笑ったらもっとキレイ。それに尽きる。

 それを上手に引き立てる松重豊。孤独のグルメと同じキャラだが愛おしい。

 冷静に出来事を考えると、とても笑えるものではないのであるが、随所にそこに落ち込まないように楽しい工夫がなされている。それはそれぞれの俳優さんの表情であり、小さなエピソードであり、何気ない日常の細かい一つ一つの積み重ねの中で常に前向きでありたいという願いのようなものなのかもしれない。

  妊活からの不妊治療。頑張った末に一度は妊娠するが育たず、再びチャレンジしてもなかなか着床せず、やっとやっと出来たと思ったら先天性異常の疑い。喜んでは突き落とされて、頑張って頑張って喜んではまた突き落とされる。それでもこの年の差カップルはいつも助け合って、抱き合って前に歩いていく。そんな姿に心が動かされる。

 年の差があると、それぞれに年齢的なことや体調のことで不安を抱えている。妊活、不妊治療でなくてもその問題は有り続けるのに、その上の試練。試練という言葉も違うと思うのだが、もしめでたく子供を授かることが出来たとしても、結婚と同じで「そこからがスタート」。

 その道を選んだ夫婦であるから、きっときっと色々と有りながらも前へ進んで行かないといけない。その中で喜びを見つけて、幸せを感じながら死ぬまで生きるのだろう。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「トップガン」

 トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた大ヒットスカイアクション。アメリカ海軍が設立したエリートパイロット養成所「トップガン」にやってきたマーベリックやグースをはじめとするトップクラスの男たちは、 …

映画「フロンティア」

 ミハイル・シューロフは都市開発ビジネスのやり手で、金儲け主義の若きビジネスマン。工事予定の現場で考古学者チームが第二次世界大戦時の塹壕と、死去した兵士の遺品を発見する。 考古学者のエリザヴェータは塹 …

映画「三度目の殺人」

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解 …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

ドラマ「分身」

札幌に住む女子大生・鞠子(長澤まさみ)は、母からなぜかあまり愛された記憶がなく、さらには、その母が火事で不審死した過去を持つ。ある日、出生の秘密を探り始めた鞠子は、自分とまったく同じ顔、姿形をした女性 …