今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

投稿日:

 昔、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んだ。何度も何度も読み返した記憶がある。ヒトラーの狂気とその時代の空気とたくさんの不運な出来事があのような地獄を作り出してしまった。

 実際のヒトラーを見たことはないし、その時の時代の空気も感じたこともない。

 ただ、現在のコロナ禍でのこの国の雰囲気で暮らしていて、マスクをせずに電車内でくしゃみや激しく咳をした時の周りから刺してくる痛いほどの視線は「この非国民が!」という恐ろしさを感じた。

 戦時中に「この戦争は無意味だ!」「戦争反対!」と叫ぶことの難しさを痛感する。

 首都にまで攻め込まれ、その中枢まで砲弾を撃ち込まれ、

 その地下壕でひっそりと隠れている12日間を描いているこの映画。

 ヒトラーが追い詰められ、絶望の中でも再興を夢見つつ、現実を受け入れざるを得ないイライラともどかしさ。総統である時と、ひとりの弱い男としての二面性と。

 それに振り回されうんざりしながらも、忠誠を誓ったからと忠義を尽くす側近たち。ドイツ人のプライドと生真面目さと、人間のドロドロしているところがたくさん出てくる話。

 このような人たちに、たくさんの市民や兵隊たちが振り回され、多くのユダヤ人も迫害され殺された。その虚しさしかない。

 きっとこれからも繰り返されるのであろう。なんともヒトは素晴らしくもあり、且つ、嘆かわしいほど愚かなものであ理、罪深いものであると感じざるを得ない映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「一週間フレンズ」

Amazonプライムで観ようと思って「すぐ観る」をクリックしようとしたら、 「もう一度観る」って書いてあって驚いた。  見始めても「これみたっけかなぁ?」「うん、観たような気がするけど、この先どうなる …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「ういらぶ。」

累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリー。同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。 …

ドラマ「しんがり 山一証券 最後の聖戦」

WOWOWのドラマは好きでよく見ている。どれもハズレのない良質な作品が多い。  このドラマも期待以上の作品だった。 江口洋介主演 文句なしにかっこいい。  そして、今回特に目を引いたのが、いつも嫌な性 …

アニメ「HELLO WORLD ハローワールド」

人気アニメ「ソードアート・オンライン」シリーズの伊藤智彦監督が、近未来の京都を舞台に描いたオリジナルのSF青春ラブストーリー。2027年、京都。内気な男子高校生・直実の前に、10年後の自分だという人物 …