今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

投稿日:

 昔、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んだ。何度も何度も読み返した記憶がある。ヒトラーの狂気とその時代の空気とたくさんの不運な出来事があのような地獄を作り出してしまった。

 実際のヒトラーを見たことはないし、その時の時代の空気も感じたこともない。

 ただ、現在のコロナ禍でのこの国の雰囲気で暮らしていて、マスクをせずに電車内でくしゃみや激しく咳をした時の周りから刺してくる痛いほどの視線は「この非国民が!」という恐ろしさを感じた。

 戦時中に「この戦争は無意味だ!」「戦争反対!」と叫ぶことの難しさを痛感する。

 首都にまで攻め込まれ、その中枢まで砲弾を撃ち込まれ、

 その地下壕でひっそりと隠れている12日間を描いているこの映画。

 ヒトラーが追い詰められ、絶望の中でも再興を夢見つつ、現実を受け入れざるを得ないイライラともどかしさ。総統である時と、ひとりの弱い男としての二面性と。

 それに振り回されうんざりしながらも、忠誠を誓ったからと忠義を尽くす側近たち。ドイツ人のプライドと生真面目さと、人間のドロドロしているところがたくさん出てくる話。

 このような人たちに、たくさんの市民や兵隊たちが振り回され、多くのユダヤ人も迫害され殺された。その虚しさしかない。

 きっとこれからも繰り返されるのであろう。なんともヒトは素晴らしくもあり、且つ、嘆かわしいほど愚かなものであ理、罪深いものであると感じざるを得ない映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「シャーロットのおくりもの (吹替版)」

「スチュアート・リトル」の原作者E・B・ホワイトによるベストセラー小説を映画化したハートウォーミングなファンタジー。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとし …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …