今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

投稿日:

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。仕事一筋だった父が、ある日突然会社を辞めて家に帰ってきた。1日中ぼんやりとテレビを見ている父の姿を母と妹は遠巻きにながめていたが、何を考えているのかまったくわからなかった父の本音が知りたい欲求にかられたアキオは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を導き、自分は正体を隠し、父とともにゲーム世界で冒険に出ることを思いつく。顔も本当の名前も知らないゲームの仲間たちに励まされながら、父と冒険を続ける中で、アキオは家族もこれまで知ることのなかった父の意外な一面を知ることとなる。主人公の父子を坂口と吉田が演じるほか、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見らが脇を固める。

映画.com

 FF14というオンラインゲームはやったことがないが、FF(ファイナルファンタジー)は、1作目から5〜6作目くらいはやっている。

 オンラインゲーム自体は、少しだけドラゴンクエストXをかじったくらいだが、なんとなくだけど雰囲気はわかる。だからこの映画もすぐに内容は理解できた。

 実話らしい。しかも、ブログを書くにあたって調べてみたら、昨年この坂口健太郎演じる主人公である「マイディーさん」が亡くなられたと知った。

 「え?ご病気だったお父さんじゃなくて?!」と驚くばかり。

 それまでのことを含めてずっとブログに書かれていた。この「光のお父さん」も一気読みが出来る様にまとめてある。そんなリアルな後日談まであるこの映画なのだが、俳優陣もしっかりしていて、ゲームの世界とリアルの世界とのバランスもよくて、とてもよく出来た映画かと思う。

 特に坂口健太郎の演技がいい。ゲームの面白さもうまく表現している。

 あらすじを読んで、最初に思い描いたイメージの上を行っていた感じがする。

 実際にファイナルファンタジー14をやりたくなったくらいだ。

 先日観たサマーウォーズも仮想現実と現実世界だったが、こちらはまた違った形での異世界。

 これからはこういった作品が増えてくるのかな?って思う。今までは、未来とか過去とか時空を超える異世界が多かったが、もっと違う様々な世界を見せてくれる映画が見てみたい。

 私の好きな「僕は明日昨日のきみとデートする」もやはりそういったある種パラレルワールドだが、発想を広げればそんな面白い世界が生み出せそうな気がする。

 それが「ありそう」と思わせられたらこっちのもんだ。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ゼロ・グラビティ」

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ …

映画「天空の蜂」

ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発 …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …