今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

投稿日:

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。仕事一筋だった父が、ある日突然会社を辞めて家に帰ってきた。1日中ぼんやりとテレビを見ている父の姿を母と妹は遠巻きにながめていたが、何を考えているのかまったくわからなかった父の本音が知りたい欲求にかられたアキオは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を導き、自分は正体を隠し、父とともにゲーム世界で冒険に出ることを思いつく。顔も本当の名前も知らないゲームの仲間たちに励まされながら、父と冒険を続ける中で、アキオは家族もこれまで知ることのなかった父の意外な一面を知ることとなる。主人公の父子を坂口と吉田が演じるほか、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見らが脇を固める。

映画.com

 FF14というオンラインゲームはやったことがないが、FF(ファイナルファンタジー)は、1作目から5〜6作目くらいはやっている。

 オンラインゲーム自体は、少しだけドラゴンクエストXをかじったくらいだが、なんとなくだけど雰囲気はわかる。だからこの映画もすぐに内容は理解できた。

 実話らしい。しかも、ブログを書くにあたって調べてみたら、昨年この坂口健太郎演じる主人公である「マイディーさん」が亡くなられたと知った。

 「え?ご病気だったお父さんじゃなくて?!」と驚くばかり。

 それまでのことを含めてずっとブログに書かれていた。この「光のお父さん」も一気読みが出来る様にまとめてある。そんなリアルな後日談まであるこの映画なのだが、俳優陣もしっかりしていて、ゲームの世界とリアルの世界とのバランスもよくて、とてもよく出来た映画かと思う。

 特に坂口健太郎の演技がいい。ゲームの面白さもうまく表現している。

 あらすじを読んで、最初に思い描いたイメージの上を行っていた感じがする。

 実際にファイナルファンタジー14をやりたくなったくらいだ。

 先日観たサマーウォーズも仮想現実と現実世界だったが、こちらはまた違った形での異世界。

 これからはこういった作品が増えてくるのかな?って思う。今までは、未来とか過去とか時空を超える異世界が多かったが、もっと違う様々な世界を見せてくれる映画が見てみたい。

 私の好きな「僕は明日昨日のきみとデートする」もやはりそういったある種パラレルワールドだが、発想を広げればそんな面白い世界が生み出せそうな気がする。

 それが「ありそう」と思わせられたらこっちのもんだ。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「分身」

札幌に住む女子大生・鞠子(長澤まさみ)は、母からなぜかあまり愛された記憶がなく、さらには、その母が火事で不審死した過去を持つ。ある日、出生の秘密を探り始めた鞠子は、自分とまったく同じ顔、姿形をした女性 …

映画「残された者-北の極地-」

テレビシリーズ「ハンニバル」や「ドクター・ストレンジ」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」などハリウッド大作でも活躍するデンマークの人気俳優マッツ・ミケルセンが主演を務め、飛行機が墜落し北極 …

映画「戦場のピアニスト」

  かなり衝撃的だった。  タイトルは知っていたが、あらすじはまったく知らずに鑑賞開始。  2時間半という長い映画であったが、あっという間だった。  第二次世界大戦、ドイツが隣国ポーランドに侵攻しユダ …

映画「ワンダーウォール」

2018年にNHK BSプレミアムなどで放送され、単発ドラマながら写真集発売など異例の広がりをみせた「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」に未公開カットなどを追加した劇場版。京都の片隅にある学生寮・近 …

映画「愛がなんだ」

 直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を、「パンとバスと2度目のハツコイ」「知らない、ふたり」の今泉力哉監督で映画化。「おじいちゃん、死んじゃったって。」の岸井ゆきの、「キセキ あの日のソビト」「ニワト …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲