今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ファーストラヴ」

投稿日:

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑発的な言葉が世間を騒がせる中、事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、夫・我聞の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねるが、二転三転する環菜の供述に翻弄されていた。真実が歪められる中、由紀はどこか過去の自分と似た何かを感じ始めていた。由紀の過去を知る迦葉の存在、そして環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになる。由紀役を北川が演じるほか、迦葉役を中村倫也、環菜役を芳根京子、我聞役を窪塚洋介がそれぞれ演じる。

映画.com

  想像していたよりもかなり出来の良い映画だった。

  登場人物の女性が、ほぼみんな病んでいる。それも過去のおぞましい出来事によって狂わされてしまっている。それを起こしてしまっている両親もまた病んでいる。その負の連鎖によって起こってしまった偶発的な殺人事件。

 その連鎖をどこかで断ち切りたい。

 男性も病んでいる。みんなみんな負の体験を奥底に抱えながら生きている。

 数少ない成功体験と、どうにも逃げられないトラウマやカサブタだらけの心と体、それと耳から仕入れた不確かな情報だけで、目の前の出来事に対して決断していく毎日。

 どうにもならない結果に対して責任を負わされる。

 「それじゃあの時私はどうしていれば一番良かったんだよー!」と叫びたい毎日。

 終わってからならどうとでも言える。

 「そんなんバカでもわかるでしょ!」なんて平気でいう人。

 「ふつう、そういう時ってこうしない?」とか、経験したこともないのにいかにも自分なら上手にできたみたいにしたり顔で語る。

 「それじゃお前、実際そうなったらできるのか?」

 みんな偉そうに「自分だったらうまくできる」みたいにいうが、実際にはそんなやつはいない。いつでもみんなを見下したいたいだけだ。そんな状況になったのも日頃の行いが悪いんだよって、自業自得だよって。

 でもみんな、当たり前に生きているだけ。どこで狂ってしまったのだろう?何が原因なんだろう?自分が悪いの?

 いや、自分は悪くない。あいつのせいだ。

 そう思わなければ自分が壊れてしまう。

 そんなこともどうでも良くなった時に、

 「動機はそちらで見つけてください」という冒頭のセリフが出てくるのかもしれない。

 その動機を見つけた時に、彼女の傷が少しずつ治癒に向かうのかもしれない。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「食べる女」

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、鈴木京香ら豪華女優陣が共演し、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を映画化。雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古 …

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南 …

映画「永い言い訳」

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の …

映画「あなたを見送る7日間」

「ナイト ミュージアム」シリーズのショーン・レビが監督を務め、父親の死をきっかけに集まった兄弟姉妹が織り成す人間模様をつづったヒューマンコメディ。父親の訃報を受けて実家に戻ってきた4人の兄弟姉妹が、ユ …

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …