今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ファーストラヴ」

投稿日:

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑発的な言葉が世間を騒がせる中、事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、夫・我聞の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねるが、二転三転する環菜の供述に翻弄されていた。真実が歪められる中、由紀はどこか過去の自分と似た何かを感じ始めていた。由紀の過去を知る迦葉の存在、そして環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになる。由紀役を北川が演じるほか、迦葉役を中村倫也、環菜役を芳根京子、我聞役を窪塚洋介がそれぞれ演じる。

映画.com

  想像していたよりもかなり出来の良い映画だった。

  登場人物の女性が、ほぼみんな病んでいる。それも過去のおぞましい出来事によって狂わされてしまっている。それを起こしてしまっている両親もまた病んでいる。その負の連鎖によって起こってしまった偶発的な殺人事件。

 その連鎖をどこかで断ち切りたい。

 男性も病んでいる。みんなみんな負の体験を奥底に抱えながら生きている。

 数少ない成功体験と、どうにも逃げられないトラウマやカサブタだらけの心と体、それと耳から仕入れた不確かな情報だけで、目の前の出来事に対して決断していく毎日。

 どうにもならない結果に対して責任を負わされる。

 「それじゃあの時私はどうしていれば一番良かったんだよー!」と叫びたい毎日。

 終わってからならどうとでも言える。

 「そんなんバカでもわかるでしょ!」なんて平気でいう人。

 「ふつう、そういう時ってこうしない?」とか、経験したこともないのにいかにも自分なら上手にできたみたいにしたり顔で語る。

 「それじゃお前、実際そうなったらできるのか?」

 みんな偉そうに「自分だったらうまくできる」みたいにいうが、実際にはそんなやつはいない。いつでもみんなを見下したいたいだけだ。そんな状況になったのも日頃の行いが悪いんだよって、自業自得だよって。

 でもみんな、当たり前に生きているだけ。どこで狂ってしまったのだろう?何が原因なんだろう?自分が悪いの?

 いや、自分は悪くない。あいつのせいだ。

 そう思わなければ自分が壊れてしまう。

 そんなこともどうでも良くなった時に、

 「動機はそちらで見つけてください」という冒頭のセリフが出てくるのかもしれない。

 その動機を見つけた時に、彼女の傷が少しずつ治癒に向かうのかもしれない。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「解夏」

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担 …

ドラマ「パンとスープとネコ日和」

 小林聡美主演の「かもめ食堂」と似た雰囲気の、私の大好物な食べ物に関する全4回のドラマ。今回はAmazonプライムでの鑑賞。  母と二人暮らしで、雑誌編集の会社に勤務する中年女性アキコ。職場ではベテラ …

映画「ういらぶ。」

累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリー。同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。 …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …