今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「フューリー」

投稿日:

ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー監督が手がけ、共演にはシャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャら豪華俳優が集った。1945年4月、ドイツへ侵攻する連合軍の米兵ウォーダディーは、自ら「フューリー」と命名したシャーマンM4中戦車に乗り、戦いを続けていた。ウォーダディーと3人の仲間に新兵のノーマンも加わり、5人となった部隊は絆を深めていくが、進軍中にドイツ軍の攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅。なんとか生き残ったウォーダディーの部隊にも、過酷なミッションが下される。

映画.com

 プライベート・ライアンや1917のようにリアルな戦闘シーンの連続で、とても食事をしながら観られる映画ではない。とにかく殺しまくる。

 戦闘未経験の新兵が前線に運ばれ、戦車に乗ることになる。今まで人など殺したことない真面目に生きてきた若者が、目の前で繰り広げられる地獄のような光景に、最初は「殺すくらいなら殺されたほうがいい」と言っていたが、やがて変わってくる。自分がやらなければ仲間がやられる。自分のせいで目の前で仲間が死んでいく。そういうことを上官であるブラッドピットが教えていく。

 ブラッドピットはとにかくかっこいい。信頼のおける上司というのはこういう感じなのだなと思ってしまう。置かれた状況に応じて、正義というのものコロコロ変わっていく。神様の言っていることも都合よく解釈が変わっていく。自分の行動を正当化するために、自分の心が少しでも安らぐように、見方や考え方をすり替えて悪から善へ変換していく。そうしないと自分を保てない。

 なんのために戦い、何を守ろうとしているのか。なぜ人はこんな無駄な争いを繰り返すのか。戦争映画を見るたびに虚しさだけが頭の中を漂うことになる。

 ドイツのタイガーという戦車の強さも実感出来る映画でもある。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    10回以上は観ました。
    何台作ったかなぁタイガー1型のプラモデル、主砲56口径って現在の日本の主力10式戦車の44口径を上回ります。
    実際弾が飛んでくるとあのような火の玉なんでしょうねー恐ろしいw
    そう言いながら現場に巻き込まれたらなんか楽しそうと思ってしまう自分も怖い…
    ブラッドピットにはもっと働いていただいて、これが最高傑作なんて言われないで欲しいな♪

    • KURI より:

      Akiさん
       タミヤのプラモデルをよく作っていましたよね。旧ドイツ軍のものが多かったのかな。ミニチュアの人形とかもあって楽しかった記憶があります。(^_^)

  2. Aki より:

    ちなみにその砲塔ってイギリスからの輸入品、戦車に関して日本は遅れてますね~

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「名建築で昼食を」

 有名建築家を父に持つ建築模型士の植草千明はノスタルジックで可愛らしい建築を巡るのが趣味で、訪れた時の様子をSNSで随時更新しており人気を博している。一方、広告代理店で働く春野藤は別れた彼氏からぬか床 …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

映画「君への誓い」

「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタムが主演するラブストーリー。幸せな新婚生活を送っていたレオとペイジはある日、交通事故に遭い、ペイジが記憶の一部を失っ …

ドラマ「プラチナタウン」

 「ノーサイド・ゲーム」に続いて、またまた大泉洋さん主演作品。ノーサイドゲームは、TBS系のドラマだったが、こちらはWOWOWのドラマW。  「エリート商社マンの鉄郎(大泉)が高齢化と多額の負債に悩む …

映画「ブレイブ群青戦記」

 集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹原作の人気コミック「群青戦記」を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が実写映画化。新田真剣佑が単独初主演を飾るほか、三浦春馬、松山ケンイチら実力派 …