今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「フライト・クルー」

投稿日:

大噴火が起こった火山島から飛行機で脱出を図るパイロットの奮闘を描き、ロシアで大ヒットを記録したディザスターパニック大作。とある島で火山の大噴火が発生し、ベテラン機長ジェチェンコと訓練生アレクセイが操縦する航空機が、非常通報を受けて救助へと向かう。激しい噴火で被災者たちがパニックに陥る中、滑走路に溶岩流が押し寄せ航空機を飲み込んでしまう。ジェチェンコとアレクセイは残った2機に分かれて脱出を試みるが、ジェチェンコの機が離陸時の衝撃によって飛行困難となったため、2機は荒れ狂う上空でワイヤーを繋いで飛行するという最後の賭けに出る。「太陽に灼かれて」のニキータ・ミハルコフ監督が製作。「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」のウラジミール・マシコフと、「ハードコア」のダニーラ・コズロフスキーが主演を務めた。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

映画.com

 ロシアで大ヒットしたダイハード並みのド派手なパニック映画ということだったが、見始めてしばらくは大人しい感じ。それぞれの人物の背景を描いていくシーンが続く。

 それを辛抱して観ていると、まぁこれでもか!ってくらい次から次へと災難が降りかかる。

 大地震から始まって、火山の噴火、火山弾が降り注ぎ、溶岩が流れてきて、逃げ出すための空港は燃えてしまうし、こりゃどうやっても飛び立てないだろう?ってところは、ギリギリのところで奇跡が起きて、飛び立ったら飛び立ったでエンジントラブルやら燃料がなくなるやら。

 もう絶体絶命の状態でも、突拍子もないアイデアから危機一髪を乗り越えていく。

 後半はずっとそんな感じでかなり盛り上がってそのまま最後までいく。

 ロシア版の旅客機モノのパニック映画で、アメリカ映画と違った雰囲気なのが面白い。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    タイトルだけ見るとサスペンスかな?って、パニックでしたか

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「予告犯」

 高度情報化社会におけるテロリズムを描いた筒井哲也の同名コミックを、生田斗真&戸田恵梨香共演で実写映画化したクライムサスペンス。「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督がメガホンをとった。ある日、動画サイト …

映画「燃えよ剣」

 新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に映画化、ドラマ化もされてきた司馬遼太郎の歴史小説を、「関ヶ原」の原田眞人監督&岡田准一主演の再タッグで新たに映画化。江戸時代末期。黒船の来航により、外国から日 …

映画「リリーのすべて」

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初め …

映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」

名優ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した歴史ドラマ。チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を、「つ …

映画「泣きたいときのクスリ」

 FMラジオドラマでよく聴いていた同名タイトル。いくつかの話を合わせて映画化した感じ。ラジオドラマはとても楽しみで毎回聴いていたので映画化も楽しみだった。  出演者も、大東俊介、戸田菜穂、袴田吉彦、遠 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲