今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「フルメタル・ジャケット」

投稿日:

原作はグスタフ・ハスフォードの処女小説「短期応召兵(ザ・ショート・タイマーズ)」。米海兵隊3092小隊の新兵たちはいじめ、侮辱が横行する環境下、過酷な訓練を強いられる。人を殺すことを教え込まれ、人間性が奪われていった新兵のひとり、パイルはついに精神を病み自殺してしまう。その後、それぞれベトナムへ送り込まれた新兵たちだったが……。戦火のシーンではスローモーション技術を駆使し、兵士の死をリアルに描いている。

映画.com

 まだ観ていなかった。スタンリー・キューブリックの戦争映画。やっぱり観ておかないと。

 徴兵によって若者がバリカンで坊主にされるシーンから始まる。ウエーブのかかった長い髪がバッサリ刈り取られ、兵士へと変わる瞬間。

 次は厳しい訓練。これは私の中では、「愛と青春の旅立ち」でのリチャード・ギアとフォーリー軍曹とのやり取りそのものだった。前半はその厳しい訓練の様子と、悲しい結末で一区切りつく。

 そして、第二部ではそのみっちりと厳しく訓練された海兵隊員たちがいよいよベトナムへと送られる。いきなりの実戦に触れながら、少しずつ少しずつ人間性が変わっていく様がもう見事としか言いようがない。

 人は環境によってこうも変わっていくものかと思う。戦争は人を変える。平和な街で暮らしている時では考えられないようなことが目の前で起こることによって、それに対処すべく自分を変えないと生きていけない。訓練でもミルミルと兵士らしくなっていくのだが、実戦によって目の前で今まで一緒に苦労してきた仲間が殺されていくことで、心が鬼になっていく。

 前半の部分が退屈かと言うとまったくそんなことはなく、前線で使えるような兵士に仕立て上げるために上官は下品な言葉を使って何度も何度も精神的に叩きのめす。クズだクズだ、お前は価値のないウジ虫だと罵る。そのような手法は現代社会でも当たり前のようにある風景かもしれない。

 実戦になると、リアルな人の生き死にを目の当たりにする。ヘリから地上で逃げ惑う一般人たちを無差別に銃で撃ち殺しているのを見る。そしてその時の顔がなんとも不気味な笑顔だったことで、吐き気を催す。しかし、そんなことにも少しずつ慣れていってしまうのだ。

 そんな怖さをじわじわと感じる恐ろしい映画であった。

 やはりこれは名作かもしれない。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

     前半の主役とも言える『ほほえみデブ』役のヴィンセント・ドノフリオ、この作品以降も結構出てて、メンインブラックの宇宙人役をはじめ近頃は人間味のある役でも見かけます。

    • KURI より:

      MIBのメイクを見てすぐに思い出しました。この人だったんだー!この映画も、MIBもすごくインパクトありました。他のも観てみたいですねぇ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …

映画「ドロステのはてで僕ら」

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画「ハウリング」をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画 …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「ホリデイ」

キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックら豪華スターが競演するロマンティック・コメディ。ハリウッドで映画予告編製作会社を経営するアマンダと、ロンドンで新聞社に勤 …

ドラマ「パンとスープとネコ日和」

 小林聡美主演の「かもめ食堂」と似た雰囲気の、私の大好物な食べ物に関する全4回のドラマ。今回はAmazonプライムでの鑑賞。  母と二人暮らしで、雑誌編集の会社に勤務する中年女性アキコ。職場ではベテラ …