今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ブラックホーク ダウン」

投稿日:

1993年に米軍が失敗したソマリアの将軍の捕獲作戦を、ノンフィクション小説を原作にリドリー・スコット監督が映画化。撮影は、クシシュトフ・キエシロフスキー監督とのコンビで知られるスワボミール・イジャック。編集は「G.I.ジェーン」以降のコンビ、ピエトロ・スカリア。撮影にはロケ撮影と野外セットを駆使。モロッコの町中に、ドラマの標的となるビルを含む巨大な野外セットを4カ月かけて建築、あらゆる角度から撮影された市街戦が展開。

 どうして若き米兵が遠く離れた東アフリカの地で戦っているのかということは、深く語られていない。

 想像するにはその米兵たちもそれほど詳しくわかって戦っていないのだと思う。生死の境のギリギリのところで戦い、どうにか生き延びられても再びまた戦場へと赴くその精神はどうなっているのか、私には到底理解できないが、その兵士たちは語る

 「仲間のためだ」と。

 ソマリアの民兵のことも深く描かない。次々と容赦無く殺していく。父が撃たれてそこに子供が「お父さん!」と泣き崩れるようなシーンもあるが、映像として撮るだけで深く掘らない。

 あくまでもソマリアに送られ、そこで指令を受けてその指令通りに動く。深くその意味を考えてはいけない。ただ命令のままに戦う。それに尽きる。いつも明るく。そして、次の指令が来れば再び戦う。

 そういうことが出来るような精神状態に持っていくにはどのようにすればいいのか。その状態から戦闘が終わって帰還したのちに、戦闘のない世界で暮らしていけるのだろうか?

 自分が生きる世界とは全く違う世界なだけに、想像してもよくわからない。

 ただただ自分の生きる世界がそのような世界にならないようにしなければと思うばかり。

 自分でも不思議だが、こういう恐ろしい戦争映画をチョイスしてしまうのはなぜだろうと思う。もっと楽しい映画があるのに。

 この精神状態はなんなのだろう?どうしてみんな戦争映画好きなんだろう?

 

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    何度も見ようとするも、必ず睡魔に襲われ最後まで見切れない作品ですzzz

    • KURI より:

      Akiさん
      ニュースで「ソマリア」と言う国名は何度も聞いていましたが、こんなことになっていたとは知りませんでした。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「食べる女」

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、鈴木京香ら豪華女優陣が共演し、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を映画化。雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古 …

映画「君の膵臓をたべたい」

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、 …

映画「ブレイン・ゲーム」

 「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクター博士役で知られる名優アンソニー・ホプキンスと「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」「ロブスター」のコリン・ファレルが共演し、頭脳戦を展開するサイ …

映画「前科者」

 罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いた同名漫画(原作・香川まさひと/作画・月島冬二)を、「あゝ、荒野」の岸善幸監督のメガホン、有村架純と森田剛の共演で映画化。保護司 …

映画「ショーシャンクの空に(字幕版)」

スティーブン・キングの中編「刑務所のリタ・ヘイワース」をティム・ロビンス&モーガン・フリーマン主演で映画化した人間ドラマ。長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッド(フリーマン)と無実の罪で収監さ …