今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ブラックホーク ダウン」

投稿日:

1993年に米軍が失敗したソマリアの将軍の捕獲作戦を、ノンフィクション小説を原作にリドリー・スコット監督が映画化。撮影は、クシシュトフ・キエシロフスキー監督とのコンビで知られるスワボミール・イジャック。編集は「G.I.ジェーン」以降のコンビ、ピエトロ・スカリア。撮影にはロケ撮影と野外セットを駆使。モロッコの町中に、ドラマの標的となるビルを含む巨大な野外セットを4カ月かけて建築、あらゆる角度から撮影された市街戦が展開。

 どうして若き米兵が遠く離れた東アフリカの地で戦っているのかということは、深く語られていない。

 想像するにはその米兵たちもそれほど詳しくわかって戦っていないのだと思う。生死の境のギリギリのところで戦い、どうにか生き延びられても再びまた戦場へと赴くその精神はどうなっているのか、私には到底理解できないが、その兵士たちは語る

 「仲間のためだ」と。

 ソマリアの民兵のことも深く描かない。次々と容赦無く殺していく。父が撃たれてそこに子供が「お父さん!」と泣き崩れるようなシーンもあるが、映像として撮るだけで深く掘らない。

 あくまでもソマリアに送られ、そこで指令を受けてその指令通りに動く。深くその意味を考えてはいけない。ただ命令のままに戦う。それに尽きる。いつも明るく。そして、次の指令が来れば再び戦う。

 そういうことが出来るような精神状態に持っていくにはどのようにすればいいのか。その状態から戦闘が終わって帰還したのちに、戦闘のない世界で暮らしていけるのだろうか?

 自分が生きる世界とは全く違う世界なだけに、想像してもよくわからない。

 ただただ自分の生きる世界がそのような世界にならないようにしなければと思うばかり。

 自分でも不思議だが、こういう恐ろしい戦争映画をチョイスしてしまうのはなぜだろうと思う。もっと楽しい映画があるのに。

 この精神状態はなんなのだろう?どうしてみんな戦争映画好きなんだろう?

 

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    何度も見ようとするも、必ず睡魔に襲われ最後まで見切れない作品ですzzz

    • KURI より:

      Akiさん
      ニュースで「ソマリア」と言う国名は何度も聞いていましたが、こんなことになっていたとは知りませんでした。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さ …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「初恋」

  三億円事件の時、私はまだ小学校にあがっていない。   「モンタージュ写真」「白バイ」「アタッシュケース」くらいしか思い浮かばない。  再現ドラマとか、迷宮入り事件簿みたいなものは何度か見たことある …

映画「カメラを止めるな!」

これも今更ですが、「まだ観ていなかったの?」って言われそう。  2018年に一世風靡した作品です。  正直、とっても面白かったです。もっと早く観ればよかった。  観終わった感想は、「三谷幸喜さんの作品 …

映画「ひるなかの流星」

女子中高生の「初恋のバイブル」として人気のやまもり三香による少女コミックを、永野芽郁主演で実写映画化。両親の海外転勤をきっかけに、田舎暮らしから一転し、東京で暮らすこととなった高校1年生の与謝野すずめ …