今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ブラックホーク ダウン」

投稿日:

1993年に米軍が失敗したソマリアの将軍の捕獲作戦を、ノンフィクション小説を原作にリドリー・スコット監督が映画化。撮影は、クシシュトフ・キエシロフスキー監督とのコンビで知られるスワボミール・イジャック。編集は「G.I.ジェーン」以降のコンビ、ピエトロ・スカリア。撮影にはロケ撮影と野外セットを駆使。モロッコの町中に、ドラマの標的となるビルを含む巨大な野外セットを4カ月かけて建築、あらゆる角度から撮影された市街戦が展開。

 どうして若き米兵が遠く離れた東アフリカの地で戦っているのかということは、深く語られていない。

 想像するにはその米兵たちもそれほど詳しくわかって戦っていないのだと思う。生死の境のギリギリのところで戦い、どうにか生き延びられても再びまた戦場へと赴くその精神はどうなっているのか、私には到底理解できないが、その兵士たちは語る

 「仲間のためだ」と。

 ソマリアの民兵のことも深く描かない。次々と容赦無く殺していく。父が撃たれてそこに子供が「お父さん!」と泣き崩れるようなシーンもあるが、映像として撮るだけで深く掘らない。

 あくまでもソマリアに送られ、そこで指令を受けてその指令通りに動く。深くその意味を考えてはいけない。ただ命令のままに戦う。それに尽きる。いつも明るく。そして、次の指令が来れば再び戦う。

 そういうことが出来るような精神状態に持っていくにはどのようにすればいいのか。その状態から戦闘が終わって帰還したのちに、戦闘のない世界で暮らしていけるのだろうか?

 自分が生きる世界とは全く違う世界なだけに、想像してもよくわからない。

 ただただ自分の生きる世界がそのような世界にならないようにしなければと思うばかり。

 自分でも不思議だが、こういう恐ろしい戦争映画をチョイスしてしまうのはなぜだろうと思う。もっと楽しい映画があるのに。

 この精神状態はなんなのだろう?どうしてみんな戦争映画好きなんだろう?

 

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    何度も見ようとするも、必ず睡魔に襲われ最後まで見切れない作品ですzzz

    • KURI より:

      Akiさん
      ニュースで「ソマリア」と言う国名は何度も聞いていましたが、こんなことになっていたとは知りませんでした。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …

映画「メランコリック」

深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を、サプライズ満載の変幻自在なストーリー展開で描いたサスペンスコメディ。名門大学を卒業後、アルバイトを転々と …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「朝が来る」DVD

直木賞、本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説で、テレビドラマ化もされた「朝が来る」を、「あん」「光」の河瀬直美監督のメガホンで映画化。栗原清和と佐都子の夫婦は一度は子どもを持つことを諦 …

映画「フルメタル・ジャケット」

原作はグスタフ・ハスフォードの処女小説「短期応召兵(ザ・ショート・タイマーズ)」。米海兵隊3092小隊の新兵たちはいじめ、侮辱が横行する環境下、過酷な訓練を強いられる。人を殺すことを教え込まれ、人間性 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲