今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「プール」

投稿日:

日本の家族から離れ、タイ・チェンマイ郊外にあるゲストハウスで働く母・京子を訪ねてきたさよだったが、そこで暮らすオーナーの菊子、従業員の市尾、タイ人の子供・ビーとうまく馴染めずにいた。しかし彼らと数日を共にすると、自分を置いていってしまった京子と自然に向かい合うようになる。「デトロイト・メタル・シティ」「ヘブンズ・ドア」などの脚本家として知られる大森美香が監督を務め、林聡美、加瀬亮、もたいまさこら個性派俳優が出演している。

映画.com

 小林聡美、もたいまさこ、伽奈の3人と言うと私の好きなドラマの「パンとスープと猫日和」。そこに加瀬亮が加わる。

 「かもめ食堂」とか「めがね」とかと同じ雰囲気の映画になっていて、なんともゆったりとした気持ちになる。環境音楽ならぬ環境映画。

 年頃の娘と母を残してひとりでタイに移住してゲストハウスで働く京子(小林聡美)。そこへ日本から娘(伽奈)がひとりで旅行に来る。

 母のことを「あの人は変わっている」と言う娘。

 「私とおばあちゃんを置いて、ひとりで海外に来ちゃって好きなことやっている勝手な人」と言う気持ちのようだ。

 母のところに着いたら、空港に迎えにきたのは母ではなくゲストハウスで働いている人。そしてゲストハウスでは知らない現地の子供と一緒に暮らしていた。

 自分の子供と暮らさずに、他の子供と一緒に暮らす母に納得のいかない娘。

 それを母に訴えると、「私はあの時はそうしたかっただけ」。

 好き勝手に生きているおばちゃんと、おばあちゃんの感覚に振り回される日本人的常識を持つ娘という構図が面白い。そんな生き方がこのタイの郊外に来ると許されてしまう。そう言うのをすべて受け入れてしまうような環境があると言うことだ。

 同じ脚本で日本の郊外のゲストハウスだとそうはいかないだろうなと思う。その環境に似合う当たり前というものがあるのかもしれない。そういう意味では、「生きづらくなったら環境を変えてみる」というのは理にかなっているのかもしれない。タイに来て日本の当たり前を振りかざしても暖簾に腕押しなのかもしれない。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ドライブマイカー」

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベネチア国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本 …

ドラマ「人生最高の贈りもの」

 思いかけずの号泣者のドラマを観てしまった。  1時間半ほどのドラマだし、石原さとみと寺尾聰の父娘ということで見始めた。  もうドラマ中盤から泣きっぱなし。  父と娘のドラマはいかん。どうしても現実と …

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …

ドラマ「ハッピー・リタイアメント」

 原作は、あの浅田次郎氏。  ドタバタな楽しいドラマ。  2時間枠だが、映画とは明らかに違う雰囲気。  とにかくノリが軽くて気軽に見られて、飽きずに楽しい。 財務省。 イヤなキャリア公務員の上司(八嶋 …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …