今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ホットロード」

投稿日:

「別冊マーガレット」(集英社刊)で1986~87年に連載され、単行本は全4巻で累計発行部数700万部を突破した紡木たくの人気少女コミックを実写映画化。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈が主演し、母の愛を感じられずに非行に走る主人公の少女・宮市和希を演じた。「ソラニン」「僕等がいた」の三木孝浩監督がメガホンをとり、「僕等がいた」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の吉田智子が脚本を担当。和希がひかれる不良少年・春山洋志役は、映画初出演となる「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣。望まれて生まれてきたわけではないと知り、心を痛める和希は、転校生のえりに誘われて行った夜の湘南で暴走族「Nights(ナイツ)」の春山に出会い、不良の世界に居場所を求めるようになる。次第に春山への思いを募らせていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった春山は敵対するチームとの抗争に巻き込まれていく。主題歌には、尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」を起用。

映画.com

 やっぱりこのノンこと能年玲奈ちゃんがすごい。この子を見ているだけでまったく飽きない。

 母は、学生時代からずっと好きな男の人がいたが、その人とは結婚できず違う人と結婚して主役の和希を生んだ。ずっと好きだった人は別の人と結婚したが不倫という形で関係は続いていた。愛していなかった人との娘という自分は生まれてきてよかったのかだろうかと思って育ってきた。

 相手役の男の子は、母が再婚してその継父との間に弟が生まれてから家を出た少年「春山」。暴走族に入ってその暴走族同士の抗争に巻き込まれていく。

 そんな複雑な家庭環境の中でもがき苦しむ若い二人をノンと「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣が見事に演じていた。

 私は暴走族の世界もまったく知らないし、これほど複雑な家庭環境で育ってもいないので、映画の二人に正確に共感するなんてことはむずかしい。

 自分もそうだったが、多感な時期に自分の存在意義を感じられず、生きている意味もわからず、暴走してしまう自分を抑えることも出来ないことに、どうにもならない激しい衝動に駆られた。それをどうコントロールしていたのかもわからない。少しずつ少しずつ様々な出来事が起こって、その都度少しずつ気持ちが和らいでいったような気もする。

 そこへ突然異性が現れて、「今のあなたが好き」と自分をすべて肯定してくれたなら。気持ちは勢いよくそちらへ流れていくのは必然であろうと思う。今までの頭の中での思考がすべてひっくり返る。

 「あの時、世界が変わった」ということなのだと思う。

 そんな混沌として青春時代の1ページをうまく表現できた映画だと思う。

 監督は大好きな三木孝浩監督。大ファンです。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「おっぱいバレー」

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。  部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5 …

映画「ビューティフル・マインド」

 天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳 …

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …

映画「いつまた、君と~何日君再来~」

 向井理さんのお祖母さんが書かれた手記を元に、向井理さんが企画して作られた映画。そして、向井理さんが自分の祖父を演じている。 81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・ …

映画「コンティジョン」

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウイルスが …