今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ホテルローヤル」

投稿日:

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。

桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。

 

 今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説でもあるらしい。実際に著者が15歳の時に父親が「ホテルローヤル」というラブホテルを開業し、多感な時期に部屋の掃除などで家業を手伝っていたという経験から、男女の性行為については常に醒めた視線で描いているという特徴がある。

 ラブホ室内の煌びやかな異空間と、ホテルのスタッフルームのリアルな生活感のある現実との対比を見事に描き出していた。

 桜木紫乃が1965年生まれで同世代ということもあり、色々と共感できるところも多かった。

 ラブホも昭和感満載、登場するキャラクターもみんな愛すべきダメっぽい人が多い。理屈じゃなくて、なんとも人間っぽい感じが親しみが湧く。

 そんな生々しい田舎の愛すべき人々を、主役の波瑠ちゃん、松山ケンイチ、余貴美子、安田顕らが見事に演じている。

 それぞれのエピソードも、一つ一つがなんとも切なく、ジワジワと泣けてくるし、ジワジワと胸の奥で湧いてくるものがある。

 名作!というジャンルとは違う、「なんだかいい映画だったよね」と妻と言い合えるような映画。「いい時間を過ごせたな、帰りにちょっと一杯やってく?」って言いたくなる。

 ここのところ、波瑠ちゃんの映画やドラマをよく観る。だんだんと女優として好きになると同時に、この人はどんな女性なんだろう?って思えてくる不思議な人。

 クセになりそう。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「戦場のピアニスト」

  かなり衝撃的だった。  タイトルは知っていたが、あらすじはまったく知らずに鑑賞開始。  2時間半という長い映画であったが、あっという間だった。  第二次世界大戦、ドイツが隣国ポーランドに侵攻しユダ …

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く …

映画「めぐり逢えたら」

1993年公開。 トムハンクスとメグライアンの恋愛映画。  2年前に愛する妻を亡くし次への一歩が踏み出せないままのサム(トムハンクス)は、まだ小さい息子ジョナと暮らしていた。再婚願望はあるがなかなかう …

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …