今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ホリデイ」

投稿日:

キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックら豪華スターが競演するロマンティック・コメディ。ハリウッドで映画予告編製作会社を経営するアマンダと、ロンドンで新聞社に勤めるアイリス。それぞれ失恋したばかりの2人は、お互いの家や車を交換して休暇を過ごす“ホーム・エクスチェンジ”をすることによって、人生の新たな一歩を踏み出していく。監督は「恋愛適齢期」のナンシー・メイヤーズ。

映画.com

 キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットふたりの演技が秀逸。

 まったく関係ない女性ふたりが、同時に失恋して失意のどん底。気分を変えるには環境を変えようと、「ホーム・エクスチェンジ」と言うお互いの家と車をそのまま交換してそれぞれの家に2週間住むと言うサイトで知り合ってそれを実行する。小さな小さな田舎の家に住むケイト・ウィンスレットと、高級住宅街に住むキャメロン・ディアスがそれぞれの環境で暮らすことになる。

 まったく違う環境と、それぞれの人間関係で少しずつ出会いがあり、生き方が変わってくる。

 二人の演技に見惚れっぱなし。現実には難しいとは思うが、こう言う夢を見るのは楽しい。

 人は環境の中で暮らす生き物。思い切って環境を変えることで大きく変化できる。そして、気持ちもガラリと変わることができる。そんな希望を見出せるような素敵な映画。

 失恋したら旅に出ると言うのも、効果的なのだろうなと思わさせる。キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットの対象的な女性が、それぞれに失恋から脱却して新しい生き方を歩き始めると言うとってもハッピーになれる作品に仕上がっている。

 もう一度観てみたいって思う。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

映画「劇場版 きのう何食べた?」

よしながふみの人気漫画を西島秀俊と内野聖陽の主演でドラマ化して話題となった「きのう何食べた?」を、ドラマ版のキャスト&スタッフで映画化した劇場版。雇われ弁護士の筧史朗(シロさん)とその恋人で美容師の矢 …

ドラマ「プラチナタウン」

 「ノーサイド・ゲーム」に続いて、またまた大泉洋さん主演作品。ノーサイドゲームは、TBS系のドラマだったが、こちらはWOWOWのドラマW。  「エリート商社マンの鉄郎(大泉)が高齢化と多額の負債に悩む …

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」

 鈴木奈未は、小説家を諦めきれない父に閉口する母から、「人並みの生活と幸せが得られれば十分」と言われて育ち、自身も「普通が一番」と考えるごく普通の女性だった。幼馴染で片思いの相手・日置健也のあとを追い …

映画「恋妻家宮本」

「家政婦のミタ」「女王の教室」といった人気ドラマを多数手がけてきた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を遊川自ら大胆に脚色し、熟年離婚が当たり前になった現代で、子どもが独り …