今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ボクの妻と結婚してください。」

投稿日:

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治は、体に異変を感じて検査を受けるが、その結果は余命わずか6カ月の末期のすい臓がんという信じがたいものだった。放送作家として、世の中のさまざまなこと「楽しい」に変えて来た修治は、自分がいなくなったあとも、妻が前を向いて生きていけるようにと、ある企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった。織田が修治役を、吉田羊が妻・彩子役を演じる。監督は、数多くのドラマを手がけ、「阪急電車 片道15分の奇跡」で映画初メガホンを取った三宅喜重。

映画.com

 織田裕二という役者は、口をへの字にして、力強い眼で相手を睨み付け正義を叫ぶというイメージがある。それは時に冷徹にも見えるが、その奥には苦悩と愛がある。勝手にそんなイメージがあった。

 この映画では、バラエティー番組の放送作家。常に面白い発想で視聴者を笑わせる企画を考える仕事。そんな男が突然体調不良で検査をしたら余命数ヶ月の末期癌。自分が死んだら妻と息子は露頭に迷うのではないかと考え、経済力と包容力のある男性を探して妻が再婚できるように努力する。

 その必死さに胸を打つ場面もあるのだが、どうも主人公には感情移入できないところがある。そこも折り込み済みだとは思うのだが、やはり映画に入り込めない。それをもっとチャラい役が似合う俳優ならまだしも、織田裕二が演じているところが微妙なのだ。

 しかし、その違和感を吉田羊がうまく中和してくれていてどうにか映画としては成り立っているのかなと思う。吉田羊はとても魅力的で頼りがいのある女性として描かれている。確かにこんな奥さんだったら他の男にも推薦したくなるだろう。これが織田裕二じゃなくて大泉洋だったらまた違った映画になっていたかもしれない。そんなふうに思った。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「おっぱいバレー」

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。  部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5 …

映画「さよなら くちびる」

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただ …

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …

映画「マネーモンスター」

ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たしたリアルタイムサスペンス。司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財 …