今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

投稿日:

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さな村で稼業のパン屋を継ぎながら平凡な毎日を送るマルタン。彼の唯一の楽しみは文学。中でも「ボヴァリー夫人」は繰り返し読み続けている彼の愛読書だ。ある日、彼の向かいにイギリス人夫妻、ジェマとチャーリー・ボヴァリーが引っ越してきた。この偶然に驚いたマルタンは、小説のように奔放な現実のボヴァリー夫人=ジェマから目が離せなくなってしまう。夫の目を盗み、若い青年と情事を重ねるジェマの姿に、マルタンは小説と現実を重ねあわせて妄想をふくらませ、思わぬ行動に出るのだった。主演のマルタンに「屋根裏部屋のマリアたち」のファブリス・ルキーニ、ジェマ・ボヴァリーに「アンコール!!」のジェマ・アータートン。

映画.com

 

 フランス文学の古典である「ボヴァリー夫人」という小説は、読んだことはないがあらすじを読むと「甘い恋の毒が人妻を狂わせる。夫の陰で情事を重ねる美人妻の、悲劇的な末路――。」というものらしい。

 この映画は、それをモチーフにしている。

 フランスの田舎町でパン屋を営む中高年の夫婦。その店主は毎日決まった仕事を坦々とこなしていた。趣味は読書。中でも「ボヴァリー夫人」は自分を興奮させてくれる作品で繰り返し読んでいる。その小説を彷彿させるような出来事が起こる。向かいの空き家にイギリス人の夫婦が引っ越してきた。

 その奥さんがとても若くて肉感的なボディでエロティック。店主はもう完全に「ボヴァリー夫人」と重ね合わせてしまっていた。そして、その奥さんが気になりすぎて監視するようになっていく。やがて期待通りというか、若い男性と不倫をするようになり、これでは小説と同じように不幸な結末になってしまうということで、どうにか二人を別れさせるように仕向けるが、なかなかそうはいかない。

 そんな近所のおじさんの心配をよそに、若い奥さんは不倫を続け、さらに元カレとも・・・。もうおじさんの妄想は止まらなくなる。それをコミカルにではなく、あくまでもエロティックに描いていく。

 この若奥さんを演じるのが「ジェマ・アータートン」という、元ボンドガール。さすがボンドガールという感じだった。

 冴えないオヤジを演じるのが、ファブリス・ルキーニというフランスの俳優さんで、この人の演技もとても楽しい。

 なんだかんだで最後まで飽きることなく、楽しく観ることができた楽しい映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告ら …

映画「イエスタデイ」

2019年の作品。  売れないシンガーソングライターのジャックは、もう長いことパブなどで歌ってきたがそろそろ限界を感じていた。学生時代からの幼なじみのエリーは彼の歌の大ファンでマネージャー兼運転手を買 …

アニメ映画「時をかける少女」

過去にもテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説を、初めてアニメ化。ひょんなことから過去へ飛べる「タイムリープ」の力を手にした女子高生の真琴が、過去を何度もやり直していくうちに、人生のか …

映画「青の炎」

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当 …