今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「マチネの終わりに」

投稿日:

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。

「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる。しかし、40代の2人をとりまくさまざまな現実を前に、蒔野と洋子の思いはすれ違っていく……。」

 福山雅治と石田ゆり子の恋愛ドラマ。その二人が出会ってすぐに恋に落ちてしまう。彼女には学生時代から20年ほど付き合った彼氏であり婚約者がいたのに、まだ2回しか逢っていないギタリストに告白されて婚約を破棄してしまう。

 彼女が彼と別れて蒔野聡史に逢いに来る。

 「迎えに行くから待ってて」

 でも、蒔野聡史の師匠が突然倒れて病院に運ばれ緊急手術。病院へ向かう途中でスマホを忘れる。連絡が取れない。

 蒔野聡史のことがずっと好きだったマネージャーの子が、タクシー会社にスマホを受け取りに行き、そのスマホで蒔野聡史を語って彼女に嘘の別れのメッセージを送ってしまう。

 そこから二人はすれ違ってしまう。

 4年後に、その嘘を告白することになるが・・・。

 福山雅治が容姿も声もセリフもイケメンすぎる。

 石田ゆり子も素敵すぎる。

 この二人がうまくいけばいいのにって思うが、桜井ユキ演じるマネージャーがいい味出してる。そして全てを掻っ攫ってしまう。

 「なんなの?」

 大人の恋とはこういうものなのね。知らんけど。

 大阪のおばちゃんなら「そんなもん、ガーって行って、ギューってやって、しまいや」ってことなんだろうけど、福山と石田ゆり子じゃそうもできない。

 そんなもどかしさばかりだけど、劇中のセリフも素敵なものが多いし、最初から最後まで飽きずに観ちゃったし、いい映画でした。

 ずっとしっとりとしたクラシックギターが流れていて、サントラが欲しくなる程。その演奏も福山雅治が弾いていたって、なかなかすごいです。

 最後はそうかぁ、やっぱり大人同士だからそうなるよねぇ。大人だものね。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …

映画「好きだ、」

「ソラニン」に続いての宮崎あおいの作品。  もう宮崎あおいちゃん大好き。  高校時代のカップルを宮崎あおいと瑛太が演じていて、その17年後に再開した時は、永作博美と西島秀俊が演じる。  高校時代に河原 …