今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「マネーモンスター」

投稿日:

ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たしたリアルタイムサスペンス。司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼ぐ人気テレビ番組「マネーモンスター」の生放送中、ディレクターのパティは、スタジオ内に見慣れない男がいることに気付く。すると男は突然拳銃を振りかざし、リーを人質に番組をジャック。テレビを通じ、意図的な株の情報操作によって全財産を失ったと訴える。男の言う情報は、番組が数日前に放送したもので、リーは無自覚に誤った情報を発信していたことに気付き、カイルと名乗る男とともにウォール街の闇を暴くために動き始める。クルーニーが「マネーモンスター」司会者のリーに、ロバーツが番組ディレクターのパティに扮し、番組をジャックする男カイル役を、アンジェリーナ・ジョリー監督作「不屈の男 アンブロークン」に主演した若手俳優のジャック・オコンネルが演じる。

映画.com

 監督がジョディー・フォスターだった。最後のエンドロールで見て気が付いた。4作目の監督作品らしい。

 見始めたのは金融絡みの映画かと思ったが、どうやら株で大損した奴が逆恨みで財テク情報番組に乗り込んで司会者を人質にとって言いたい放題ぶちまける感じでスタート。

 最初はその犯罪者をどうやっつけるかということで進んでいく。犯人が大損したのはシステムプログラムのバグでこれは誰の責任でもないということで片付けられていた。しかし、全財産を失った犯人はもっとはっきりした理由が知りたいという。

 テレビ局も生放送を流しながらも少しずつ調べていくうちに、システムのバグはあり得ないことや、色々と辻褄が合わないこと出てくる。人質になっている司会者も少しずつ何かおかしいことに気づき、自分の軽率な言葉で犯人に投資させてしまったという後ろめたさもあり、ウォール街の闇の部分を調べる方に回る。

 やがて株価暴落した会社自体が怪しいということになり、最後は犯人と司会者と共同作業で憎き会社のトップと対面するというなんともよくわからない展開になっていく。

 最後は「あ〜あ」って感じで終わってしまうが、1時間半ちょっとの映画なので十分楽しめた。

 このように書くと陳腐な映画っぽいが、主役がジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーであるから十分見応えがあり、脚本がどうであっても魅せてくれて、それなりに楽しい映画であった。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「ブラックホーク ダウン」

1993年に米軍が失敗したソマリアの将軍の捕獲作戦を、ノンフィクション小説を原作にリドリー・スコット監督が映画化。撮影は、クシシュトフ・キエシロフスキー監督とのコンビで知られるスワボミール・イジャック …

映画「バケモノの子」

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少 …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …