今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

投稿日:

金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く計画を立てる。そして08年、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れる。

映画.com

 リーマンショックのお話。サブプライムローンがいかにとんでもない証券であったか、そしてそれは薄々わかっていたのに今まで大丈夫だったんだから総崩れになるわけがないってみんな思ってしまっていたというのが怖い。

 いやこんなの絶対無理だって!という人が、それを空売りして暴落した時に大儲けするのだが、喜んでばかりはいられない。某落語には何十万人という人が住む家を失い、何万人という命までが失われることになるからだ。

 経済というのは、そういったみんなの幻想の上で成り立っていて、それが幻想だと気付いたら、あっという間に瓦解してしまうものだというのがわかる。

 日本の紙幣だって、考えてみればただの紙切れ。日本政府、日銀の信用あっての1万円札の価値なのだ。

 そんなことを専門用語は解説しつつ、見る側に「こんなことだったんだよ」って教えるように話は進む。それでもわかりにくい金融用語がポンポン出てくるので、小説だったら進んでは戻って、また迷ったら引き返して確認してってできるけど映画だと話がどんどん進む。

 あらかじめ金融用語を下調べした上で観た方が楽しめると思うが、まずは1回目はざっと観てしまって、その後に少し勉強してもう一度観てみるとより一層楽しめると思う。

 それに見合う映画であるのは間違いない。よくできた映画だと思う。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に …

映画「百円の恋」

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用で …

映画「運び屋」

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた …

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …

映画「鈴木家の嘘」

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつ …