今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

投稿日:

イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生をメリル・ストリープ主演で描いたドラマ。父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは1975年、50歳で保守党党首に選出され、79年にはイギリス初の女性首相となった。国を変えるため男社内の中で奮闘するマーガレットは「鉄の女」と呼ばれるようになるが、そんな彼女にも妻や母としての顔があり、知られざる孤独と苦悩があった。マーガレットを支えた夫デニス役にジム・ブロードベント。監督は「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド。第84回アカデミー賞ではストリープが主演女優賞を受賞。ストリープは史上最多17回目のノミネートにして、「クレイマー、クレイマー」(79)、「ソフィーの選択」(82)に続く3つ目のオスカー像を手にした。

映画.com

  頑固で生真面目なおばあちゃんが少しボケてきた。死んだおじいちゃんと会話しているみたいだ。お世話をしている娘も少し手を焼いている感じ。

 そんな風景から始まる。このおばあちゃんがサッチャー元首相?

 記憶がフラッシュバックするように、首相時代の出来事が描かれていく。そして、いつも寄り添う夫のデニス。

 弱腰で口だけ達者な自己中心的な男たちに囲まれて、自分の意思を曲げずに強く突き進むサッチャー。男社会の中で一人だけで生き抜く姿に圧倒されるばかり。「あの意気地なしの連中に一泡吹かせてやる」というつもりが、あれよあれよという間に首相にまで登り詰めてしまう。

 しかし、家庭のこと、双子の子供のことまではなかなか手が回らず寂しい思いをさせてしまう。しかし、英国のためにと奔走するサッチャー首相に感心するばかり。

 フォークランド紛争においても強硬にアルゼンチン軍を叩きのめすことで支持を得て、結果的に景気も持ち直し好景気の呼び水となる。

 ところが徐々にその強気なことが、周りの人を責めることになってしまい少しずつ身近な人が去っていく。

 現実と過去の記憶を行き来しながら、夫の死を徐々に受け入れていき、最後はやっと夫の遺品を整理することができるのだが、認知症はすでにかなり進んでしまっていた。

 女性として英国首相まで登り詰めた一人の女性の孤独と苦悩をメリル・ストリープが見事に演じている。サッチャー首相ってこういう人だったんだなって振り返る入門的な映画として十分な役割を果たしていると思う。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さ …

映画「アイネクライネナハトムジーク」

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。  前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、 …

映画「ブレイブ群青戦記」

 集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹原作の人気コミック「群青戦記」を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が実写映画化。新田真剣佑が単独初主演を飾るほか、三浦春馬、松山ケンイチら実力派 …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲