今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

投稿日:

イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生をメリル・ストリープ主演で描いたドラマ。父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは1975年、50歳で保守党党首に選出され、79年にはイギリス初の女性首相となった。国を変えるため男社内の中で奮闘するマーガレットは「鉄の女」と呼ばれるようになるが、そんな彼女にも妻や母としての顔があり、知られざる孤独と苦悩があった。マーガレットを支えた夫デニス役にジム・ブロードベント。監督は「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド。第84回アカデミー賞ではストリープが主演女優賞を受賞。ストリープは史上最多17回目のノミネートにして、「クレイマー、クレイマー」(79)、「ソフィーの選択」(82)に続く3つ目のオスカー像を手にした。

映画.com

  頑固で生真面目なおばあちゃんが少しボケてきた。死んだおじいちゃんと会話しているみたいだ。お世話をしている娘も少し手を焼いている感じ。

 そんな風景から始まる。このおばあちゃんがサッチャー元首相?

 記憶がフラッシュバックするように、首相時代の出来事が描かれていく。そして、いつも寄り添う夫のデニス。

 弱腰で口だけ達者な自己中心的な男たちに囲まれて、自分の意思を曲げずに強く突き進むサッチャー。男社会の中で一人だけで生き抜く姿に圧倒されるばかり。「あの意気地なしの連中に一泡吹かせてやる」というつもりが、あれよあれよという間に首相にまで登り詰めてしまう。

 しかし、家庭のこと、双子の子供のことまではなかなか手が回らず寂しい思いをさせてしまう。しかし、英国のためにと奔走するサッチャー首相に感心するばかり。

 フォークランド紛争においても強硬にアルゼンチン軍を叩きのめすことで支持を得て、結果的に景気も持ち直し好景気の呼び水となる。

 ところが徐々にその強気なことが、周りの人を責めることになってしまい少しずつ身近な人が去っていく。

 現実と過去の記憶を行き来しながら、夫の死を徐々に受け入れていき、最後はやっと夫の遺品を整理することができるのだが、認知症はすでにかなり進んでしまっていた。

 女性として英国首相まで登り詰めた一人の女性の孤独と苦悩をメリル・ストリープが見事に演じている。サッチャー首相ってこういう人だったんだなって振り返る入門的な映画として十分な役割を果たしていると思う。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「紙の月」

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年 …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」

立て続けに青春ラブコメ。コメディーじゃなくて病気系。 恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う …

映画「一週間フレンズ」

Amazonプライムで観ようと思って「すぐ観る」をクリックしようとしたら、 「もう一度観る」って書いてあって驚いた。  見始めても「これみたっけかなぁ?」「うん、観たような気がするけど、この先どうなる …

映画「父親たちの星条旗」

「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側 …