今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「マージン・コール」

投稿日:

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエリックは、意味深な言葉と共に後輩のアナリスト、ピーターにUSBメモリーを託す。その晩、USBメモリーに記録されたデータを調べたピーターは、会社倒産にも繋がる衝撃の事実を知る。キャストには、ケビン・スペイシーをはじめ実力派俳優が集結。第84回アカデミー賞で脚本賞にノミネート。

映画.com

こちらもリーマン・ショックが題材。

 いくつもリーマン・ショックの映画を色々な側面から見ると、少しずつ全体像がはっきりとしてくる。

 この映画では投資会社での24時間を描く。

 今までにも、管理部門から「このままだとヤバイですよ」と忠告されてきたのに、いざ本当にヤバくなった時には「なぜあの時、もっと押し迫った感じで言ってくれなかったんだ」と責める。

 保身に必死な幹部に比して、部下のこと、会社のこと、顧客のことを考えて行動しようとする中間管理職役のケビン・スペイシー。

 この人ならこの追い詰められた場面で、何か妙案を出して解決してくれるのか?と思わせるが、やはりどんなヒーローが出てきても、このリーマンショックは解決できなかったということだ。

 最後は切ない終わり方なのだが、それだけにこの大惨事の意味がしみじみと感じさせられる。

 カネは人を幸せにもするが、狂わせもする。投資家は得てして倹約家で質素で物欲があまりないイメージであるが、ここに出てくる証券会社の社員はカネをたくさんもらって、それをジャブジャブと使う生活をしている。

 アメリカという国はまた日本とは違うのか、証券会社に吹いている風は別なのか。よくない証券と知りながらも平気で売りつけられるものなのか?そこで信用を失っても、まだその世界で生きていくことが出来るのだろうか?

 だとすれば売る方も売る方だし、買う方も買う方なのだと認識するしかない。現在の暴騰しているコロナ景気において、これがどんな形で収束していくのか、あまり考えたくもない。NYダウと日経はどこまで上がっていくのか?そろそろやばいんじゃない?と思いながらも、まだもう少し大丈夫だろう?世界中には金融緩和でジャブジャブのカネが溢れているのだからという安心感で全てを注ぎ込んでいる。上がるだけ上がった後に、いつ誰がそのハシゴを外すのだろう?

 そしてみんなバラバラと雲の上から落ちてくることになる。その日はある日突然に、まさかの日にやってくるのだろう。

 そんなことを考えてしまった映画だった。



-映画
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    ちょっとだけ買ってるけど、どうなるのでしょうかね~
    オリンピックが中止になって弾けるのか、
    そんなもん関係なく上がり続けるのか、
    そもそも国が国民年金を株につぎ込んでいる限り、
    国内株式に関しては関係なく上がり続けるのか??
    積み立てnisa始めて2年くらいだけど配当は20%近いかなぁ
    定期預金金利は0.02%くらい?…1000倍くらい違うか
    怖いからやめようと思うけど、まだまだいけるのか悩むところです…

    • KURI より:

      Akiさん
      株価はこれからどうなるのでしょうかねぇ〜。30,000円も越えちゃうのか、ここで下げていくのかまったくわかりません。
      オリンピックは、海外に比べたら日本は断然感染者は少ないから、こんな時期にアメリカやイギリスじゃなくてよかったねって感じでしょうか?無観客でも開催するのではと個人的には思っています。
      どうせ世界中のほとんどの人はテレビで見るのですからねぇ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ザ・ファブル」

 小さい頃から殺人マシーンとして育てられた主人公は、やや殺しすぎて育てた方が心配になってきた。そこで1年間殺人は禁止で普通に過ごすと言うことで大阪のヤクザに預けられた。  しかし、ややこしいことに巻き …

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …

映画「Closed Note クローズド ノート」

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹 …

映画「リリーのすべて」

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初め …