今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ミッションインポッシブル」

投稿日:

画像

 そんな気もしたけど、2回目の鑑賞だった。見始めてすぐに「これみたな」と思ったが、その後の展開が思い出せないのでそのまま見続ける。

 よくできた映画だと思うし、確かとても評判のよかった映画だったと思う。アクションシーンもすごかったし、最先端のセンサーをくぐり抜けながら情報を盗み取るシーンもハラハラドキドキであったが、全体的にはそれ以上でもそれ以下でもないという印象。

 2時間楽しめたが、続編はまぁいいかなぁって感じだったのは何故だろう?

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    きっと全部見ているからでしょう

    • KURI より:

      Akiさん
      「ミッションインポッシブルシリーズ」って、すでに6作も公開されていて、これから2作が準備されているんですね。そんなにたくさんあるって知りませんでした。
      私が見たことあるのは、最初の1作目だけ。007シリーズもほとんど見ていないからなぁ。戦争ものはよく見るのに、なんでスパイものはあまり興味が湧かないのか自分でもよくわからないです。
      寅さんシリーズをほとんど見ないのと一緒。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「バンデラス ウクライナの英雄」

 極秘任務を遂行し、潜入者をあぶり出せ!ウクライナ政府軍と、独立を目指す親ロシア分離派の対立が激化!政府軍に潜入する裏切り者の正体をあぶり出す極秘ミッションを託された男が、危険地域の住民を守りながら孤 …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「フライト・ゲーム」

「アンノウン」のリーアム・ニーソンとジャウム・コレット=セラ監督が再タッグを組み、高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機という密室空間で繰り広げられる戦いを描いたサスペンスアクション。ニューヨーク発ロン …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

ドラマ「ハッピー・リタイアメント」

 原作は、あの浅田次郎氏。  ドタバタな楽しいドラマ。  2時間枠だが、映画とは明らかに違う雰囲気。  とにかくノリが軽くて気軽に見られて、飽きずに楽しい。 財務省。 イヤなキャリア公務員の上司(八嶋 …