今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「メランコリック」

投稿日:

深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を、サプライズ満載の変幻自在なストーリー展開で描いたサスペンスコメディ。名門大学を卒業後、アルバイトを転々とし、うだつの上がらない生活を送っていた和彦。ある日、偶然訪れた銭湯で高校時代の同級生・百合と再会した彼は、そこで一緒に働かせてもらうことに。やがて和彦は、その銭湯が閉店後の深夜に浴場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。さらに、同僚の松本が殺し屋であることが明らかになり……。新人監督・田中征爾の長編デビュー作で、第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で監督賞を受賞(武正晴監督の「銃」と同時受賞)。和彦役の皆川暢二、松本役の磯崎義知、田中監督による映画製作ユニット「One Goose」の映画製作第1弾作品。

映画.com

 ほぼ知らない俳優さんばかり。最初の家族での食事のシーンでも、B級感が満載。

 大丈夫かな?この映画。

 正直そう思った。

 東大を卒業したがアルバイト生活しているダメ男っぽい男。それとそれを責めるでもない朗らかな初老の両親。

 ある時、母親が間違ってお風呂の栓を抜いてしまったために近所の銭湯に行くことになった主人公の息子は、同級生の女性と出会い、同窓会に誘われる。それが縁で徐々に親しくなっていく。仕事を探しているならこの前行った銭湯が従業員を募集していたよということで面接に行ったらすんなりと採用。

 しかし、その銭湯は深夜に浴場を「殺人場所」として貸し出していた。たまたまその現場を見てしまった主人公はその仕事に巻き込まれてしまうことになるのだが、本人は大金をもらえることもあって満更ではない。さらに同時に採用された同僚は、元々プロの殺し屋だった。日々、人殺しを手伝い、そして死体を片付けるというなんともシュールなストーリーなのだが、不思議とこの映画はそれらが静かに進行していく。

 主役の演技もなんとも絶妙で、同僚役の演技もまた素晴らしく、目が離せない。色々と練られたストーリーと、最後にどんでん返しも待っていて、そして最後は壮絶でもなく、何事もなかったように終わり、いつもの生活に戻るという普通じゃない話になんだか呆気に取られる。でもその雰囲気がどうにもたまらないのだ。

 「カメラを止めるな!」のような雰囲気で、お金はかけなくても面白い映画は作れるぞという意気込みを感じる映画だった。しっかりと面白い映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「戦場のピアニスト」

  かなり衝撃的だった。  タイトルは知っていたが、あらすじはまったく知らずに鑑賞開始。  2時間半という長い映画であったが、あっという間だった。  第二次世界大戦、ドイツが隣国ポーランドに侵攻しユダ …

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く …

映画「ドライブマイカー」

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベネチア国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本 …

映画「RISE UP」

ライズアップは、「立ち上がる」という意味だろうか。   石川県「獅子吼高原(ししくこうげん)」でパラグライダーに励む高校生「航(わたる)」=林遣都くんは、今日も悪友のひろやと一緒だ。  ある時ふたりは …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …