今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「メランコリック」

投稿日:

深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を、サプライズ満載の変幻自在なストーリー展開で描いたサスペンスコメディ。名門大学を卒業後、アルバイトを転々とし、うだつの上がらない生活を送っていた和彦。ある日、偶然訪れた銭湯で高校時代の同級生・百合と再会した彼は、そこで一緒に働かせてもらうことに。やがて和彦は、その銭湯が閉店後の深夜に浴場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。さらに、同僚の松本が殺し屋であることが明らかになり……。新人監督・田中征爾の長編デビュー作で、第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で監督賞を受賞(武正晴監督の「銃」と同時受賞)。和彦役の皆川暢二、松本役の磯崎義知、田中監督による映画製作ユニット「One Goose」の映画製作第1弾作品。

映画.com

 ほぼ知らない俳優さんばかり。最初の家族での食事のシーンでも、B級感が満載。

 大丈夫かな?この映画。

 正直そう思った。

 東大を卒業したがアルバイト生活しているダメ男っぽい男。それとそれを責めるでもない朗らかな初老の両親。

 ある時、母親が間違ってお風呂の栓を抜いてしまったために近所の銭湯に行くことになった主人公の息子は、同級生の女性と出会い、同窓会に誘われる。それが縁で徐々に親しくなっていく。仕事を探しているならこの前行った銭湯が従業員を募集していたよということで面接に行ったらすんなりと採用。

 しかし、その銭湯は深夜に浴場を「殺人場所」として貸し出していた。たまたまその現場を見てしまった主人公はその仕事に巻き込まれてしまうことになるのだが、本人は大金をもらえることもあって満更ではない。さらに同時に採用された同僚は、元々プロの殺し屋だった。日々、人殺しを手伝い、そして死体を片付けるというなんともシュールなストーリーなのだが、不思議とこの映画はそれらが静かに進行していく。

 主役の演技もなんとも絶妙で、同僚役の演技もまた素晴らしく、目が離せない。色々と練られたストーリーと、最後にどんでん返しも待っていて、そして最後は壮絶でもなく、何事もなかったように終わり、いつもの生活に戻るという普通じゃない話になんだか呆気に取られる。でもその雰囲気がどうにもたまらないのだ。

 「カメラを止めるな!」のような雰囲気で、お金はかけなくても面白い映画は作れるぞという意気込みを感じる映画だった。しっかりと面白い映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「シャーロットのおくりもの (吹替版)」

「スチュアート・リトル」の原作者E・B・ホワイトによるベストセラー小説を映画化したハートウォーミングなファンタジー。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとし …

映画「フライト・クルー」

大噴火が起こった火山島から飛行機で脱出を図るパイロットの奮闘を描き、ロシアで大ヒットを記録したディザスターパニック大作。とある島で火山の大噴火が発生し、ベテラン機長ジェチェンコと訓練生アレクセイが操縦 …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「世界から猫が消えたなら」

映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿 …

映画「ロッキー5」

ソ連のリングで強敵ドラゴを倒したロッキー。しかし帰国後に脳障害が発覚し、彼はボクサー引退を決意。さらにその後、破産へと追い込まれ、トレーナーとして働くことになる。やがてロッキーは若手ボクサー、トミーの …