今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「メランコリック」

投稿日:

深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を、サプライズ満載の変幻自在なストーリー展開で描いたサスペンスコメディ。名門大学を卒業後、アルバイトを転々とし、うだつの上がらない生活を送っていた和彦。ある日、偶然訪れた銭湯で高校時代の同級生・百合と再会した彼は、そこで一緒に働かせてもらうことに。やがて和彦は、その銭湯が閉店後の深夜に浴場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。さらに、同僚の松本が殺し屋であることが明らかになり……。新人監督・田中征爾の長編デビュー作で、第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で監督賞を受賞(武正晴監督の「銃」と同時受賞)。和彦役の皆川暢二、松本役の磯崎義知、田中監督による映画製作ユニット「One Goose」の映画製作第1弾作品。

映画.com

 ほぼ知らない俳優さんばかり。最初の家族での食事のシーンでも、B級感が満載。

 大丈夫かな?この映画。

 正直そう思った。

 東大を卒業したがアルバイト生活しているダメ男っぽい男。それとそれを責めるでもない朗らかな初老の両親。

 ある時、母親が間違ってお風呂の栓を抜いてしまったために近所の銭湯に行くことになった主人公の息子は、同級生の女性と出会い、同窓会に誘われる。それが縁で徐々に親しくなっていく。仕事を探しているならこの前行った銭湯が従業員を募集していたよということで面接に行ったらすんなりと採用。

 しかし、その銭湯は深夜に浴場を「殺人場所」として貸し出していた。たまたまその現場を見てしまった主人公はその仕事に巻き込まれてしまうことになるのだが、本人は大金をもらえることもあって満更ではない。さらに同時に採用された同僚は、元々プロの殺し屋だった。日々、人殺しを手伝い、そして死体を片付けるというなんともシュールなストーリーなのだが、不思議とこの映画はそれらが静かに進行していく。

 主役の演技もなんとも絶妙で、同僚役の演技もまた素晴らしく、目が離せない。色々と練られたストーリーと、最後にどんでん返しも待っていて、そして最後は壮絶でもなく、何事もなかったように終わり、いつもの生活に戻るという普通じゃない話になんだか呆気に取られる。でもその雰囲気がどうにもたまらないのだ。

 「カメラを止めるな!」のような雰囲気で、お金はかけなくても面白い映画は作れるぞという意気込みを感じる映画だった。しっかりと面白い映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

アニメ映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」

押井守監督が1995年に手がけたSF長編アニメの金字塔。士郎正宗のSFコミック「攻殻機動隊」をアニメーション映画化した。西暦2029年、高度に発達したネットワーク社会において多発するコンピューター犯罪 …

ドラマ「この恋あたためますか」

森七菜主演!夢破れたコンビニアルバイト×業界最下位のコンビニチェーン社長が「一番売れる」スイーツの開発を通して繰り広げるオリジナル「スイーツ×ラブ」ストーリー!  もう何と言っても、森七菜ちゃんが可愛 …

映画「劇場版 きのう何食べた?」

よしながふみの人気漫画を西島秀俊と内野聖陽の主演でドラマ化して話題となった「きのう何食べた?」を、ドラマ版のキャスト&スタッフで映画化した劇場版。雇われ弁護士の筧史朗(シロさん)とその恋人で美容師の矢 …

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、 …