今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「モリのいる場所」

投稿日:

山崎努と樹木希林という、ともに日本映画界を代表するベテランが初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマ。30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷守一=モリのエピソードをベースに、晩年のある1日を、「モヒカン故郷に帰る」「横道世之介」の沖田修一監督がフィクションとしてユーモラスに描いていく。昭和49年の東京・池袋。守一が暮らす家の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫が住み着いていた。それら生き物たちは守一の描く絵のモデルであり、じっと庭の生命たちを眺めることが、30年以上にわたる守一の日課であった。そして妻の秀子との2人で暮らす家には毎日のように来客が訪れる。守一を撮影することに情熱を傾ける若い写真家、守一に看板を描いてもらいたい温泉旅館の主人、隣に暮らす佐伯さん夫婦、近所の人々、さらには得体の知れ

映画.com

 あぁ、こんな老後がいいよなぁと思った。

 自然あふれる広い庭を毎日散策して、植物や小動物を観察して、スケッチして、生態を調べて、日々それを記録したり、絵を描いたり文章を書いたり。

 現実問題として、どうやって食っていくんだ?っていうのがあるけど、不労所得で生きていけるならこんな生活がしてみたい。

 もちろん、モリさんよりも若くて体ももう少し動ける状態で。贅沢な話だけど。

 毎日のようにたくさんの人が、書を書いてくれやら、取材やらと訪れる。それも嫌だな。

 広い庭を管理したり、手入れするのもかなり大変だから、今の私のように空いた時間に山に入る方が楽なのかもしれない。毎日のことじゃなくて余暇を利用してそういうことをやっている方がいいのかも。

 そう考えると、今の自分の生活がいいのかな?そうやって自分なりの心地いい生活を作ってきたのかもしれないなって思った。

 欲しいものを一つ手に入れたら、また次の欲しいものが手に入れたくなる。それはキリがないんだな。だから、一つの欲しいものを手に入れない状態がずっと続けば、その次の欲が現れなくて済むのかもしれない。

上手になると先が見えてしまう。下手も絵のうちです。

 モリさんが子供の描いた絵を見てその親にいうセリフ。

 「うちの子、才能ありますかね?」

 「ヘタですね」

 呆気にとられている親に言うのだ。

 なかなか言えるもんじゃない。

 モリさんの家の隣に大きなマンションが建つことになった。モリさんのすべてである庭が日陰になってしまう。モリさんの仲間が建設反対の看板を出したりする。

 でもさっきのセリフを言ったのは、その工事現場の責任者。その後も、工事現場の若い職人たち大勢に、買い過ぎた肉を御馳走したりしちゃう。

 変化を受け入れ、中庸を求めているような気がした。

 地球上の生き物で生き残っていくのは、ぶれない生き方をしているのじゃなくて、いかに変化に対応し適応できるかだ。こだわりが強いのも考えものだ。

 仏教も結局「こだわるな」「すべては空なんだから」。

 なんだかこの映画でそんなことを思い浮かべてしまった。

 樹木希林さんのすっとぼけた演技、池谷のぶえさんの見事な上質の演技、そして何より山崎努氏のなりきり具合が神業だった。

 自然を撮影した映像も美しく、夜にこの映画を流しながら絵を描いたり、文章を書いたりしたいくらいだった。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「青の炎」

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当 …

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さ …

映画「ザ・ファブル」

 小さい頃から殺人マシーンとして育てられた主人公は、やや殺しすぎて育てた方が心配になってきた。そこで1年間殺人は禁止で普通に過ごすと言うことで大阪のヤクザに預けられた。  しかし、ややこしいことに巻き …

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …