今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」 

投稿日:

 フィンランドの首都ヘルシンキで小さな美術店を営む72歳のオラヴィは、顧客リストは手書きで管理、領収書はタイプライターで発行するなど、いまだに古い商いを続けている老美術商。しかし最近はオンラインギャラリーの勢いにおされ、客足も遠のき資金繰りも悪化、店を畳む事も考え始めていた。そんなある日、美術商仲間に誘われ訪れたオークションハウスの下見会にて、彼は1枚の肖像画に目を奪われる。「男の肖像」と名付けられたその絵は署名もなく出所も不明で、仲間からも購入するにはリスクが高い絵画だと止められてしまう。だがこれまでの経験で価値ある作品と確信したオラヴィは、絵の背面に残された少ない情報を頼りに、2日後のオークションに向け調査を開始するのだが…。

 なかなか切ない映画だったが、後味は悪くない。

 絵画は好きだが、ビジネスとしては見たことがないのでどう言うことに例えたら理解できるのだろうかと思った。

 割安株を探すとか、これから大化けする俳優に投資するとか、 そういった先見目があると言うことなのだろうか?

 好みの絵を探すとか、欲しい絵が探すと言うのではなく、「安く買って高く売れるもの」というものだけであれば、あまり奥が深い話ではないが、この映画のように有名画家が描いたような風格があるのに、なぜサインがないのだろう?と言う謎を追求する面白さなのだろうか?

 長年やってきた画商と言う仕事を、時代の流れで閉店するにあたって、最後に大きな仕事がしてみたいと言う気持ちもわからなくなり。そこでたまたま出会ってしまったサインのない絵画。

 もしその絵が、買った値段よりも10倍の価値がありそうだと確信した時に、借金をしてでもそれを買うかどうか?

 でもきっと、そういうことをこの映画で描きたかったんじゃないのはわかるが、まだまだ自分がその世界を知らなさすぎて深いところまで、この主人公の老人の気持ちがよくわからない。

 それでも共感できない映画ではなく、しみじみ「いい映画だなぁ」って思う。

 俳優の演技も、どれもよかった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アニメ映画「未来のミライ」

「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が手がけるオリジナルの長編劇場用アニメーション。甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、未来からやってきた成長した妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険 …

映画「RISE UP」

ライズアップは、「立ち上がる」という意味だろうか。   石川県「獅子吼高原(ししくこうげん)」でパラグライダーに励む高校生「航(わたる)」=林遣都くんは、今日も悪友のひろやと一緒だ。  ある時ふたりは …

映画「紙の月」

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年 …

映画「おいしい給食 Final Battle」

市原隼人演じる給食マニアの中学教師が主人公のコメディドラマ「おいしい給食」の劇場版。1984年のとある中学校。給食を愛しすぎるゆえに、給食を愛せないヤツを許せない「給食絶対主義者」である給食マニアの教 …

映画「コンティジョン」

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウイルスが …