今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ランボー ラストブラッド」

投稿日:

シルベスター・スタローンの「ロッキー」に並ぶ代表作で、1982年に1作目が製作された人気アクション「ランボー」のシリーズ第5弾。グリーンベレーの戦闘エリートとして活躍していたジョン・ランボーは、いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれていた。ランボーは祖国アメリカへと戻り、故郷のアリゾナの牧場で古い友人のマリア、その孫娘ガブリエラとともに平穏な日々を送っていた。しかし、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことで、ランボーの穏やかだった日常が急転する。娘のように愛していたガブリエラ救出のため、ランボーはグリーンベレーで会得したさまざまなスキルを総動員し、戦闘準備をスタートさせる。監督はメル・ギブソン主演作「キック・オーバー」を手がけたエイドリアン・グランバーグ。

映画.com

 前作「ランボー 最後の戦場」から10年後くらいの設定だろうか。アリゾナの田舎の平原にポツンと建っている一軒家で、マリアという老いた女性とその孫娘のガブリエラと3人で暮らしていた。孫娘は美人で20代。ランボーが10年ほどガブリエラと共に馬を調教してきてお互いに信頼関係ができていた。ガブリエラの両親は離婚している。メキシコにいるガブリエラの友だちがメキシコでお父さんを見つけたという情報。マリアやランボーは会いに行ってはいけないと厳しく言うが、ガブリエラはどうして自分を捨てていったのかその理由を直接聞きたいと、一人で車に乗ってメキシコへ行ってしまう。

 父親には会うことは出来たが、その父親からひどい事を言われてショックを受ける。それを慰めようと友だちは飲み屋に連れていったが、そこは女性を拉致して売り飛ばす人身売買の組織の店だった。ガブリエラは捕まってしまい、薬物を打たれてしまう。

 ガブリエラを取り戻そうと、ランボーがひとりメキシコに乗り込んでいく。

 アメリカ映画では、基本的にやられたらやり返せ。こんなひどい事をしたやつには同じ思いをさせてやる。思い知らせてやるんだ。と言うスタンス。許すと言う概念がない。

 そして、悪はコテンパンにやられて、あースッキリしたって終わるのが王道。そのやり方が残虐であればあるほど、ざまぁみろ、いいきみだってことになる。

 日本の時代劇もそれに近いものがあるが、やはりどこか日本の時代劇とは微妙に違う。

 この映画でも、最後の敵のボスを倒すシーンはかなりエゲツない。文章にするのも憚られるほど。

 日本も決して良いとは言えないが、少なくともランボー1〜5の世界に生まれ落ちなくてよかったと思うばかり。

 シルベスタスタローンは流石に見た目が老けたなぁと、5作目のこの映画でしみじみ感じたが、それでもこれだけ動ける73歳ってありえない。やはり凄い人だ。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「フライト・クルー」

大噴火が起こった火山島から飛行機で脱出を図るパイロットの奮闘を描き、ロシアで大ヒットを記録したディザスターパニック大作。とある島で火山の大噴火が発生し、ベテラン機長ジェチェンコと訓練生アレクセイが操縦 …

映画「コーダ あいのうた」と閉館のお知らせ

家族の中でただ1人の健聴者である少女の勇気が、家族やさまざまな問題を力に変えていく姿を描いたヒューマンドラマ。2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイク。海の町でやさしい両親と兄と暮らす高校生 …

映画「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。仕事一筋だった父 …

映画「君の膵臓をたべたい」

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、 …

映画「チームバチスタの栄光」

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチ …