今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ランボー」

投稿日:

 公開されたのが38年前。 

 もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だった。

 地上波のテレビでも何回か観たような気がする。その都度楽しめた。その続編も、そのまた続編も観た。

 内容は今更語らなくてもいいと思うが、久しぶりに鑑賞して「あ〜そうだったそうだった」「こいつ憎たらしいんだよなぁ」

 その憎たらしい奴がザマアミロって感じでやられていくのが、なんとも心地いい。そんなことで気持ちよくなっちゃダメだとわかっていても気持ちいいんだから仕方がない。

 理不尽なことで嫌な思いをさせられ、その憎い奴が遣られていく様は痛快なのである。

 そして最後は、主役のランボーがその悔しさを男泣きに吐露する。そして、彼を育てた上官がやさしく無言で抱きしめる。

 外に出せない辛さを誰も聞いてくれない。誰も理解してくれない。みんなが自分をゴミのように扱う。戦いの中ではあれほど重用してくれたのに。掌を返すよいにみんなが離れていく。

 あの時の仲間もいない。その孤独感。これは帰還兵だけの話ではなく、ほとんどの人が四苦八苦の中で体験していくことではないだろうか。この映画が好かれるのもそんなところにあるのかもしれないと、この歳であらためて見直してそう思った。

 「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」

 アメリカ陸軍元帥のダグラス・マッカーサーが残したこの言葉。

 彼をそっと消え去らせてあげればどんなによかったか。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「君の膵臓をたべたい」

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、 …

アニメ・コミック「ヒカルの碁」

 アニメが先だったか、漫画が先だったか、もう覚えていないが、  息子と一緒にかなりハマった作品。これをきっかけに囲碁も始めてみた。入門書を買って安い碁盤も買ってまだ小学生だった息子と始めたものの、私は …

映画「ホリデイ」

キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックら豪華スターが競演するロマンティック・コメディ。ハリウッドで映画予告編製作会社を経営するアマンダと、ロンドンで新聞社に勤 …

映画「シャッターアイランド」

「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精 …