今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ランボー」

投稿日:

 公開されたのが38年前。 

 もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だった。

 地上波のテレビでも何回か観たような気がする。その都度楽しめた。その続編も、そのまた続編も観た。

 内容は今更語らなくてもいいと思うが、久しぶりに鑑賞して「あ〜そうだったそうだった」「こいつ憎たらしいんだよなぁ」

 その憎たらしい奴がザマアミロって感じでやられていくのが、なんとも心地いい。そんなことで気持ちよくなっちゃダメだとわかっていても気持ちいいんだから仕方がない。

 理不尽なことで嫌な思いをさせられ、その憎い奴が遣られていく様は痛快なのである。

 そして最後は、主役のランボーがその悔しさを男泣きに吐露する。そして、彼を育てた上官がやさしく無言で抱きしめる。

 外に出せない辛さを誰も聞いてくれない。誰も理解してくれない。みんなが自分をゴミのように扱う。戦いの中ではあれほど重用してくれたのに。掌を返すよいにみんなが離れていく。

 あの時の仲間もいない。その孤独感。これは帰還兵だけの話ではなく、ほとんどの人が四苦八苦の中で体験していくことではないだろうか。この映画が好かれるのもそんなところにあるのかもしれないと、この歳であらためて見直してそう思った。

 「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」

 アメリカ陸軍元帥のダグラス・マッカーサーが残したこの言葉。

 彼をそっと消え去らせてあげればどんなによかったか。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「イミテーション・ゲーム」

「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で、第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機エニグマによる暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者アラン …

映画「容疑者Xの献身」

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。 …

映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊 …

映画「アメリカン スナイパー」

「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイ …

映画「ファーザー」@アレックスシネマ

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ、「羊たちの沈黙」以来、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した人間ドラマ。日本を含め世界30カ国以上で上演された舞台「Le Pere 父」を基に、老いに …