今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ランボー」

投稿日:

 公開されたのが38年前。 

 もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だった。

 地上波のテレビでも何回か観たような気がする。その都度楽しめた。その続編も、そのまた続編も観た。

 内容は今更語らなくてもいいと思うが、久しぶりに鑑賞して「あ〜そうだったそうだった」「こいつ憎たらしいんだよなぁ」

 その憎たらしい奴がザマアミロって感じでやられていくのが、なんとも心地いい。そんなことで気持ちよくなっちゃダメだとわかっていても気持ちいいんだから仕方がない。

 理不尽なことで嫌な思いをさせられ、その憎い奴が遣られていく様は痛快なのである。

 そして最後は、主役のランボーがその悔しさを男泣きに吐露する。そして、彼を育てた上官がやさしく無言で抱きしめる。

 外に出せない辛さを誰も聞いてくれない。誰も理解してくれない。みんなが自分をゴミのように扱う。戦いの中ではあれほど重用してくれたのに。掌を返すよいにみんなが離れていく。

 あの時の仲間もいない。その孤独感。これは帰還兵だけの話ではなく、ほとんどの人が四苦八苦の中で体験していくことではないだろうか。この映画が好かれるのもそんなところにあるのかもしれないと、この歳であらためて見直してそう思った。

 「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」

 アメリカ陸軍元帥のダグラス・マッカーサーが残したこの言葉。

 彼をそっと消え去らせてあげればどんなによかったか。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

 見始めて戸惑いばかりだった。  え?何がどうなっているの?  前作「破」から14年後の世界。シンジが上司の制止に従わず綾波レイを助けたことで、大変なことになってしまった。  自分は自分の良心に従って …

映画「おっぱいバレー」

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。  部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5 …

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …