今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「リリーのすべて」

投稿日:

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。第88回アカデミー賞で主演男優賞、助演女優賞など4部門でノミネートを受け、ゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが助演女優賞を受賞した。

映画.com

  リリー・エルベというデンマークのトランスジェンダー(性同一性障害)(GID)にて、世界で初めて性別適合手術を受けた人の実話の映画化。日本では大正時代から昭和一桁という年代ということに驚いた。その当時はトランスジェンダーという認識はなく、その苦しみを医者に説明しても精神分裂症と診断されたり、女装趣味などと誤解され苦しむ。

 ずっと男性と生きてきて、女性と結婚もするが、ある出来事をきっかけに自分の中の女性が目覚めてしまい、それを自分の中に押し込んでおくことが徐々に難しくなってしまう。そんな苦悩をリアルに演じていて、ずっと目が離せなくなってしまう。

 トランスジェンダーというものを理解出来ていなかったが、この映画でその深刻さが少しだけ理解できた。理解まではいかないかもしれないが、誤解していたところがたくさんあったような気がした。

 本人の苦悩もそうだが、妻であるゲルダの気持ちを考えるといたたまれなくなる。そう、この映画は主人公のトランスジェンダーによる苦悩の映画でもあるが、妻であるゲルダの愛を貫く映画でもある。そんなところを本当に見事に表現できていて素晴らしい映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「珈琲いかがでしょう」

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。店主が淹れる珈琲は、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて淹れられ、なんだか気持ちがほんのりほぐれるような、そんな味。そのお店はあ …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「告白」

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松) …

映画「エンド・オブ・キングダム」

 米大統領専属シークレットサービスとテロリストとの激しい攻防を、ジェラルド・バトラー主演で描いたアクションサスペンス「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。物語の舞台を前作の米ホワイトハウスから、イギ …