今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「リリーのすべて」

投稿日:

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。第88回アカデミー賞で主演男優賞、助演女優賞など4部門でノミネートを受け、ゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが助演女優賞を受賞した。

映画.com

  リリー・エルベというデンマークのトランスジェンダー(性同一性障害)(GID)にて、世界で初めて性別適合手術を受けた人の実話の映画化。日本では大正時代から昭和一桁という年代ということに驚いた。その当時はトランスジェンダーという認識はなく、その苦しみを医者に説明しても精神分裂症と診断されたり、女装趣味などと誤解され苦しむ。

 ずっと男性と生きてきて、女性と結婚もするが、ある出来事をきっかけに自分の中の女性が目覚めてしまい、それを自分の中に押し込んでおくことが徐々に難しくなってしまう。そんな苦悩をリアルに演じていて、ずっと目が離せなくなってしまう。

 トランスジェンダーというものを理解出来ていなかったが、この映画でその深刻さが少しだけ理解できた。理解まではいかないかもしれないが、誤解していたところがたくさんあったような気がした。

 本人の苦悩もそうだが、妻であるゲルダの気持ちを考えるといたたまれなくなる。そう、この映画は主人公のトランスジェンダーによる苦悩の映画でもあるが、妻であるゲルダの愛を貫く映画でもある。そんなところを本当に見事に表現できていて素晴らしい映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ムーンライトシャドウ」

吉本ばなな初期の名作「ムーンライト・シャドウ」を、小松菜奈主演で映画化したラブストーリー。さつきと等は導かれるように出会い、恋に落ちる。等の3歳年下の柊と、柊の恋人ゆみこをあわせた4人は意気投合し、多 …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。仕事一筋だった父 …

映画「初恋」

鬼才・三池崇史監督が窪田正孝を主演に迎えて描いたオリジナルストーリーで、余命わずかのボクサーが、偶然出会った少女と運命的な恋に落ちる一夜を描いた。天涯孤独の身で類まれな才能を持つ天才ボクサーの葛城レオ …

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …