今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ルームロンダリング」

投稿日:

池田エライザが訳あり物件を浄化するオカルト女子を演じたファンタジー。新たな映像クリエイターの発掘を目的としたコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」で準グランプリに輝いたオリジナルストーリーを映画化。18歳で天涯孤独の身となってしまった八雲御子。そんな御子の前に叔父の雷土悟郎が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることになった。そのアルバイトとは訳あり物件に住み、部屋の履歴を帳消しにする「ルームロンダリング」という仕事だった。このアルバイトを始めたことで、幽霊が見えるようになった御子は、幽霊と奇妙な共同生活を送り、彼らのお悩み解決に奔走させられる。そんな中で御子は失踪した母親と再会を果たすが……。池田が主人公の御子役を、オダギリジョーが叔父の悟朗役を演じるほか、伊藤健太郎、渋川清彦、光宗薫らが出演。片桐健滋と梅本竜矢のオリジナル脚本を、片桐が初長編監督作としてメガホンをとった。

映画.com

 「ルームロンダリング」という単語も知らないまま見始めた。「マネーロンダリング」が汚いカネを浄化する意味なら、「ルームロンダリング」は、事故物件の部屋の履歴を消すために、一度そこに住まわせてから再度物件を貸すと言うことらしい。

 事故物件に住まわせられた主人公の御子(池田エライザ)。入居当日にいきなりその部屋で自殺した人の幽霊が出てくる。そして、御子にはその幽霊が見えるという能力がある。

 なんだか嫌な映画を選んじゃったなぁとちょっと後悔しながらも観続ける。オカルト映画かもしれないと思った。

 その幽霊と少しずつ仲良くなって、どうして自殺したのかとか色々話していくうちに徐々に幽霊という感覚から離れていく。そうしているうちにまた別の部屋へ引っ越すことになり、次は殺人事件の起きた部屋。

 そこには悔しさで成仏できない女性の霊がまだ佇んでいた。

 観ているうちに、徐々に映画に引き込まれていく。池田エライザの独特の雰囲気と、その兄の役のオダギリジョーのこれまた独特な空気。飽きさせない登場人物も出てきて、なんとも不思議な映画。

 結局、ルームロンダリングは、彼女が一度住むことで事故の履歴を消すという意味と、彼女が成仏できない霊のわだかまりを解いて成仏させてやるという療法も意味があったのだとわかる。

 そして最後は、ハートがほっこりするように終わる。

 あれ?これっていい映画だったのね?という感じで終わった。

 なんとも不思議な面白い映画だった。

-映画

執筆者:


  1. 匿名 より:

    >ルームロンダリングは事故物件の部屋の履歴を消すために、一度そこに住まわせてから再度物件を貸す
    ⇒な~るほど・・・。
      ほとんど、映画を観ないのですが、おもしろそう。

    >幽霊と奇妙な共同生活を送り  
     ⇒三谷大先生の『ステキな金縛り』も落武者の幽霊が・・・。
      幽霊と仲良くなっちゃうところが似ていますね。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       事故物件でそうやって履歴消去出来るんだぁって感心しました。
      「ステキな金縛り」は楽しい映画でしたよね!大好き。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、 …

映画「好きっていいなよ。」

友人も恋人も作らずに生きてきた16歳の女子高生・橘めいは、ある日、学校一のイケメン・黒沢大和に過ってケガをさせてしまう。しかし、大和はめいを気に入り一方的に友だち宣言した上、ピンチから救うためにキスを …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …

映画「チームバチスタの栄光」

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチ …

映画「新解釈・三國志」

「今日から俺は!!」「勇者ヨシヒコ」「銀魂」シリーズなど数々のコメディ作品を手がける福田雄一監督が、日本でも広く親しまれている中国の「三國志」に独自の解釈を加え、今回が初タッグとなる大泉洋を主演に迎え …