今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「レイダース 失われたアーク《聖櫃》」

投稿日:

「インディ・ジョーンズ」シリーズの記念すべき第1作で、「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカスと「ジョーズ」「未知との遭遇」のスティーブン・スピルバーグが初タッグを組み、1981年に製作した冒険活劇。主演ハリソン・フォードの代表作のひとつとして広く知られ、以降もシリーズ作品が大ヒットを重ねた映画史に残る名作アクションアドベンチャー。第2次世界大戦前夜の1936年を舞台に、旧約聖書に記されている十戒が刻まれた石板が収められ、神秘の力を宿しているという契約の箱(=聖櫃)を巡って、ナチスドイツとアメリカの考古学者インディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)が争奪戦を展開する。原案はルーカスとフィリップ・カウフマン。脚本は「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」のローレンス・カスダン。1981年の初公開から40周年を記念して2021年、体感型上映システム「4DX」で4Kリマスター版を上映。

映画.com

 1981年の映画。41年も前の映画なんだなぁとしみじみ思ってしまった。

 最初に劇場で見て、その後もビデオやテレビ放映でも観て、今回で何度目だろう?って思うほど観てきた。何回観ても楽しく観られるし、その次のシーンもわかっているのにハラハラドキドキするし、今はもう70歳を超えているのだろうな?と思いながらもヒロインのマリオンにはキュンキュンしてしまう。

 主役のハリソン・フォードも今年で80歳。2020年に公開予定だった5作目の「インディージョーンズ」は、来年2023年に公開予定らしい。さてさてどんな映画になるのやら。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    日本人の起源は旧イスラエル人という伝説があるけど、それによると日本の祭り神輿の起源はアークだそうな。

    • KURI より:

      Akiさん
       そういうの父が好きですよね。ユダヤの失われた10支族とか、日本のお祭りの起源はユダヤだとか。京都祇園祭もユダヤが起源だとか。古代ヘブライ語で照らし合わせると日本の意味のわからない民謡やお祭りの言葉の意味がわかるとか。帰省した時に色々聞かせてもらいました。私も刺激されていくつか本を読んだことがあります。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …

映画「パーマネントのばら」

 2時間弱でサラッと観られる日本映画はないかなって、Amazonプライムで探していたら目に入った作品。  あらすじも原作もキャスティングもよくわからず鑑賞開始。  正直なところ、あまり期待していなかっ …

映画「サリュート7」

ロシア宇宙計画の歴史に残るスペースミッションを、国営宇宙開発企業ROSCOSMOS全面協力のもと映画化。1985年、ロシアの宇宙ステーション、サリュート7号が突如として制御不能になった。このままでは地 …

映画「東京原発」

 東京都知事が東京に原発を誘致すると提案したことから巻き起こる、パニック風刺サスペンス。監督・脚本は「黄昏流星群 同窓会星団」の山川元。撮影は同じく「黄昏流星群 同窓会星団」の北澤弘之、音楽プロデュー …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …