今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ロッキー」

投稿日:

青年ロッキーはフィラデルフィアのスラム街に暮らす4回戦ボクサー。ある時、世界チャンピオンのアポロがロッキーを対戦相手に指名してきた。もし15ラウンド終わってもリングに立っていることができたら、自分がただの三流ボクサーでないことを証明できる……ロッキーは愛する女性エイドリアンのために死闘を繰り広げることに! 無名だったスタローンは主人公さながらのアメリカン・ドリームを成し遂げ、この一作で大スターに。

映画.com

 今までに2〜3回観たと思っていたけど、実際に最初から最後まで観てみると、知らないシーンが多かった。これはただ忘れてしまっただけなのか、今までが地上波の放送で観ていてチラ見程度だったのか? それだけに楽しめることが出来てよかった。

 この映画にはあまり知的な人間が出てこない。どうしようもない社会の底辺の人ばかり。昼間から酒飲んだり、夜は飲み屋の前でたむろしていたり。売春婦や高利貸し、窃盗や詐欺まがいの人たばかりの街。そんな街でボクシングをやり続けているロッキー。高利貸しの取り立て役の仕事をしているが、これ以上落ちぶれたくないとも思っている。

 そんな彼があるチャンスを手にして、愛する女性のために生まれ変わったつもりでトレーニングに励み、夢を勝ち取る映画。

 単純に最後は観ていて気持ちがよかった。ロッキー2以降もいくつか観た気がするのだが、あまり覚えていないので続けて観ていってみようかと思う。

 期待通りのシンプルな気分爽快な映画。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    あのメロディーが頭の中をかけめぐります。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「人生の特等席」

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による …

ドラマ「分身」

札幌に住む女子大生・鞠子(長澤まさみ)は、母からなぜかあまり愛された記憶がなく、さらには、その母が火事で不審死した過去を持つ。ある日、出生の秘密を探り始めた鞠子は、自分とまったく同じ顔、姿形をした女性 …

映画「スタートアップ・ガールズ」

「ちはやふる」「君の名は。」の上白石萌音と「神さまの言うとおり」の山崎紘菜という東宝シンデレラオーディション出身の2人がダブル主演を務め、新規事業の立ち上げや企業を意味する「スタートアップ」をテーマに …

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代 …