今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ロッキー・ザ・ファイナル」

投稿日:

シルベスター・スタローンの出世作でもある「ロッキー」のシリーズ完結編となる第6作。アカデミー作品賞に輝いた第1作から30年を経て製作された本作では、スタローン自らが監督・脚本・主演の3役を務め、ロッキーの熱い魂をスクリーンによみがえらせた。ボクシング界を引退し、愛妻エイドリアンを亡くしたことへの喪失感を抱えるロッキーが、再びリングに上がり現役世界王者との戦いに挑む姿をストレートに描く。

映画.com

ロッキーシリーズ6作の中で、唯一泣いてしまったのがこの作品だった。この作品好きだなぁ。今の自分を鼓舞してくれる映画だった。

 あれほど愛した妻を亡くしてしまい、息子にも迷惑がられても、自分の夢を諦めずに突き進む姿には本当に勇気をもらった。

 ロッキーは学歴はないが、たくさんの経験があり、強い信念があり、彼を助ける多くの人たちがいる。ロッキーは、ロッキー自身がすごいのはもちろんだが、周囲が作り上げるロッキーという存在が破格にすごいのだと思う。

 自分一人では何ができるわけじゃない。自分はただ夢を追い求めるだけなのかもしれないが、その思いが周りの人を変えて、その意識の集まりがロッキーという人格を作っているような気がする。

 「ロッキー・ザ・ファイナル」。何度でも観たい作品の一つになった。

 拍手喝采!

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    >「ロッキー」のシリーズ完結編となる第6作。
    > 第1作から30年を経て製作された本作
      ⇒知らなかった、ビックリです。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       私も知っていたのはせいぜい3作目まででした。最後のこの映画は、シニアに勇気と希望を与える話になっていて、単純な私はこれをみて元気をもらいました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

映画「マイ・ダディ」

ムロツヨシが映画初主演を果たし、愛する娘を救おうと奔走する父親役を演じた人間ドラマ。「ちょき」「ゆるせない、逢いたい」の金井純一監督が、映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS …

映画「バンデラス ウクライナの英雄」

 極秘任務を遂行し、潜入者をあぶり出せ!ウクライナ政府軍と、独立を目指す親ロシア分離派の対立が激化!政府軍に潜入する裏切り者の正体をあぶり出す極秘ミッションを託された男が、危険地域の住民を守りながら孤 …

「とんび」とロースカツランチ

 いい映画だったなぁ。  みんな一生懸命生きていて、地域の人たちみんなで子供を育てていて、口は悪いが心はいつも温かい、そんな人たちの姿がイキイキと描かれていた映画だった。  直木賞作家・重松清のベスト …

映画「シャーロットのおくりもの (吹替版)」

「スチュアート・リトル」の原作者E・B・ホワイトによるベストセラー小説を映画化したハートウォーミングなファンタジー。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとし …